virtual reality business forum

virtual reality business forum

日本初!
VR 専門の学校

満員御礼につき終了致しました

『東京ゲームショウ2016&日本バーチャルリアリティ学会大会 (20周年記念)最新VRリポート、中国の最新VRビジネス動向と中国と日本におけるVRの新ビジネス&サービスのヒント!』

9月15日~18日に幕張メッセで開催される東京ゲームショウ2016は、過去最大の出展社数となり、日本ばかりでなく海外から多くの注目を集めています。今年は“VRコーナー”も設けられVR関連ソフトやハードが多数出展されます。また、会期中9月14~16日日本VR学会の20周年記念大会がつくば国際会議場で開催されます。その中で、特に注目されたVR関連のトピックスを厳選して紹介します。

今回からTechコーナーを設け、噂の最新MR機器の紹介やその機器でのソフト開発エピソードをお届けします。 また、ダイナミックに展開する中国の最新VRビジネス動向と先進企業を招聘し紹介します。更に、ゲーム以外のVRコンテンツやコンテンツプラットフォームを、いち早く果敢に展開する先進企業のプロデューサーをお招きし、自社VR最新事例の裏側を紹介します。

最後に、第1回に引き続き、4年後に迫った2020年東京オリンピックまでの、VR関連ビジネスやサービスの可能性を議論し、日本と中国におけるVR関連の、新ビジネスやサービスのビジネスチャンスを模索します! 今回もVR体験会は勿論!当日OPENするプライベートVRサロン“中目サローネ”にてレストランのシェフをお招きし、当会初めての懇親会も行います。どうぞお楽しみに!

TIME TABLEタイムテーブル

18:00 開場

VRコンテンツ体験会&ライトニングトーク

~参加自由

  • エクシング
  • DMM.com
  • VRエクスペリエンス・ラボ  3社様予定

18:45

第1部 Report & Techコーナー
「東京ゲームショウ2016 &日本バーチャルリアリティ学会大会(20周年記念) 最新VRリポートと噂のMR機器ソフト開発リポート」

リポーター
株式会社VRデザイン研究所
VR Experience Lab エンジニア月田 直樹

第2部 特別講演 中国VRビジネス最新動向
「中国のVRビジネスの現状とFAMIKU社の取り組み」

FAMIKU社
CEO楊金鑫

第3部 講演 VR先進企業事例紹介
Playstaition VR カウントダウン!
「ゲーム以外のVRエンタメコンテンツの可能性と企画の重要性」

株式会社エクシング
ホーム&コンシューマ部
部長寺田 幸司

「DMM.comのVR動画プラットフォーム戦略」

株式会社DMM.com
第一営業本部
VR担当宇都 修二

第4部 パネルディスカッション
「中国と日本におけるVRの新ビジネス&サービスのヒント! 」

モデレーター
D4DR株式会社
代表取締役社長/コンサルタント藤元健太郎

パネリスト:FAMIKU社、株式会社エクシング、株式会社DMM.com

21:00 フォーラム終了予定

21:30 第1回懇親会

会場 
プライベートVRサロン“中目サローネ”

23:00 懇親会終了予定

ご登壇者様

株式会社エクシング
ホーム&コンシューマ部 部長

寺田 幸司

1990年、ゲーム会社に入社。開発、企画、宣伝、営業など、様々な部署を経験し、1999年からモバイルビジネスを担当。着うた等の展開を機に音楽ビジネスも経験立ち上げ。家庭用カラオケを共同開発したエクシングに2013年入社。
社内の有志で企画を立ち上げ、2015年には、VRカラオケのプロトタイプを開発。現在、製品版を鋭意開発中。

寺田幸司

株式会社エクシングのVR取り組み紹介

1992年、ブラザー工業株式会社、株式会社インテック、ブラザー販売株式会社の3社が、業務用通信カラオケ「JOYSOUND」を企画・開発する株式会社エクシングを設立。 業務用通信カラオケのコンテンツを活かし、1999年、NTT移動通信網株式会社(現 株式会社NTTドコモ)のiモード®向けに着信メロディサービス「ポケメロJOYSOUND」を開始。 2008年には、本格的なカラオケが家庭用でも楽しめるゲーム機向けソフト「カラオケJOYSOUND Wii」を発売。 ソニーインタラクティブエンタテインメントのPlayStation®3、PlayStation®4においても、家庭で本格的なカラオケが楽しめる「JOYSOUND.TV Plus」を展開しており、PlayStation®VRの発表当初より、VR技術を活用したカラオケ企画を立案。 2015年9月には、VRカラオケのプロトタイプを発表し、東京ゲームショウにて展示。 現在、PlayStation®VRのローンチタイトルとして、VRカラオケ「JOYSOUND VR」を開発中。
http://www.xing.co.jp/

株式会社DMM.com
第一営業本部 VR担当

宇都 修二

株式会社DMM.com 動画配信事業部VR担当。2005年DMM.comの運営会社株式会社DMM.comラボ(旧ドーガ)に入社。さまざまなデジタルコンテンツ販売を担当する。2014年11月のVR事業に参入時よりVR事業を担当している。

DMM.comのVR取り組み紹介

株式会社DMM.comは、主にネット動画配信、通販、オンラインゲーム、レンタル、英会話、.makeなどの事業を行っている同名のECサイト「DMM.com」を運営会社。 VR事業では、当時VRの一般的な認知度は皆無というべき状況であったが、 2014年11月にDMM.VR動画サービスのティザーページをいち早く公開。 その後2016年にVR事業に本格参入。現在はスマホやGearVR向けのVR専用アプリを公開し。有料課金のVR動画配信プラットフォームとしてサービスを展開中。
http://www.dmm.com/

FAMIKU社
Founder & Chairman

楊 金 鑫(前名:楊帆)

13年間以上のゲーム運営経験、と数十タイトルに及ぶゲーム開発実績を踏まえ、楊金鑫は中国のゲーム市場を熟知している。中国でいち早くVRビジネスに関心を持ち、事業展開を試みた先駆者とし、ゲーム、エンターテイメント、教育等多岐にわたるVRの研究開発、応用、宣伝に専念し、中国VR市場の更なる発展と普及に取り組んでいる。

FAMIKU社のVR取り組み紹介

2014年に設立されたFAMIKUは、中国VR事業の先駆企業であり、GREE、FOVE、SURVIOSなど多数の国内・海外企業と提携し、エンターテイメント製品の提供、室内テーマパークのソリューション提案、及びFAMIKUブランドのVRゲーム体験施設の企画運営などを含む多様な事業を行っています。VRビジネスにおいて、FAMIKUは多様なハード・ソフト製品開発力、豊富な運営経験と開店リソースを持って、2016年に各種VR体験施設を100軒開設することを目指しています。VR技術の開発と応用を通し、そして長年中国市場で培われたオフラインリソースを持って、新たなエンターテイメント体験と感動を提供していきます。
http://www.famiku.com/

モデレーター

D4DR株式会社
代表取締役社長/ コンサルタント

藤元 健太郎

1994年に野村総合研究所で日本最初のサイバービジネス実験サイトであるサイバービジネスパークをトータルプロデューサーとして立ち上げ、ソフマップ、JTB、JCB、NTTドコモ、HONDAなどのインターネットビジネス参入の支援コンサルティングを実施。フロントライン・ドット・ジェーピー社ではSIPS事業の先駆けとして、多くのEビジネスを支援。現在もインターネット上のECやマーケティングなど各種ビジネスのコンサルティング、調査研究を進めている。マルチメディアグランプリ、オンラインショッピング大賞等の審査員。また日経MJコラムやレポートを執筆しており、主な著書として「サイバー市場の可能性」(生産性出版)。

リポーター

株式会社VRデザイン研究所
VR Experience Lab エンジニア

月田 直樹

初代Oculusが発売された頃に衝動買いし、それ以後どっぷり浸かる。大学ではMRの研究に従事、2014年から主にVRのプロト開発をはじめる。主にモバイル向けの開発を担当し、最近はモバイル環境におけるパフォーマンス向上に興味がある。Siggraph Asia会員。IGDA東北 副代表。
株式会社VRデザイン研究所は、2003年設立。3Dソフトウェア開発、ネットコミュニティ、地域コミュニティデザイン等を12年間実践的に研究。昨年よりVRに特化し、VRソフトのプロトタイプを開発するVR Experience Labを開設。また、今年10月よりVRエンジニアとプランナーを養成する“VRプロフェッショナルアカデミー”の開校を計画準備中。当VRビジネスフォーラムの企画・主催。

月田直樹

当会の企画、司会進行

株式会社VRデザイン研究所
代表取締役 所長

勝野 明彦

1985年 バンタンデザイン研究所入社。バンタン総研の設立に携わり、企画開発部部長、新規事業開発部長を経て、バンタン電脳工場設立。チーフプロデューサー兼工場長としてゲームソフト開発を行う。1997年日本ソフトウェア大賞・読売新聞社賞受賞。ビジネス交流イベント「マルチメディアビジネス創造フォーラム」の企画・運営を全22回実施。退社後、独立。2001年 CGキャラクター制作集団(有)ポリゴンズを設立。ホリプロのバーチャルアイドル“伊達杏子DK2001”の制作をはじめ、3DCGキャラクターの開発及びアニメーション制作を行う。現、花咲けピクチャーズ株式会社。その間、Yahoo!アバターの企画開発(10年間)、KDDI、NTTドコモ、NHNジャパン等の数多くのアバターの企画・制作を行う。その他、並行して、ファッション販売員の育成に特化した会社 ㈱FA Learning LAB.Win∞Win設立、ユナイテッドアローズはじめ多くのファッション企業の教育に取組む。 2011年震災直後、福島県会津大学内に研究室開設。同年、会津若松市にて会津産IT技術認定大賞受賞。2012年NICT情報通信ベンチャービジネスプラン発表会大賞受賞。現在、4社経営。当フォーラムの発起人兼責任者。2016年10月VRエンジニア育成のための学校設立を準備中。

※ 敬称略で失礼致します

開催概要

《 当会名称 》 第2回VRビジネスフォーラム
《 開催日時 》
2016年9月29日(木)
19:00〜21:00
※開場18:00〜19:00 VRコンテンツ体験会
※21:30〜 懇親会有り(要事前予約)
《 参加対象 》 VR関連ビジネスに関心のある企業の方々
  • 経営者、経営企画・経営戦略のご担当者様
  • 新規事業開発のご担当者様
  • マーケティング等各部門のご担当者様
《 参加定員 》 50名限定
《 参加費用 》 ■早割(9/16まで)
前回参加者
研究会+懇親会:10,000円完売
研究会のみ:7,000円完売
一般参加者
研究会+懇親会:12,000円完売
研究会のみ:8,000円完売
■9/17日以降のお申し込み
一般参加者
研究会+懇親会:14,000円完売
研究会のみ:10,000円完売
《 開催会場 》

中目黒アトラスタワー内 弊社イベントルーム
東京都目黒区上目黒1−26−1

https://goo.gl/maps/QxURgzUY4hk

  • アクセス情報
《 協力 》 株式会社D4DR
《 主催 》 株式会社VRデザイン研究所 
株式会社WinWinWonder12
《 参加企業 》 第一回VRビジネスフォーラム参加企業一覧 第一回VRビジネスフォーラム参加企業一覧
《 お問い合わせ 》 VRビジネスフォーラム事務局 forum@vracademy.jp

満員御礼につき終了致しました

過去に開催したイベント

第1回VRビジネスフォーラム

開催日:2016年8月24日

「SIIGRAPH2016 VR Village最新リポートとVRビジネス2020までのロードマップ」

〜先進企業によるVR最新事例紹介とパネルディスカッション

ゲスト
株式会社ドコモ/株式会社積木製作/株式会社eje
サムスン電子ジャパン株式会社
株式会社ドコモ/株式会社積木製作/株式会社eje/サムスン電子ジャパン株式会社