virtual reality business forum

virtual reality business forum

日本初!
VR 専門の学校

満員御礼につき終了致しました

VR次のフェーズは、“VR Live映像配信”
〜Great Live Experiences

~先進企業によるVR最新事例紹介とパネルディスカッション

今回は、VRライブ配信をいち早く果敢に展開する先進企業のプロデューサー、開発担当者をお招きし、VR最新事例の裏側を紹介します。

また、引き続き好評のパネルディスカッションは、 4年後に迫った2020年東京オリンピックまでの、VR関連ビジネスやサービスの可能性を議論し、 今後のVRビジネスのロードマップを描きます!

今回もVR体験会は勿論!参加者交流会も開催します。どうぞお楽しみに!

TIME TABLEタイムテーブル

16:00 開場

「VRコンテンツ体験会」先進企業各社様+
実演!『VR実感型リアルドライブシミュレーションシステム“T3RVR』

特別ゲスト
プロレーシングドライバー古賀 琢麻 様

  • カディンチェ
  • Jストリーム
  • VRエクスペリエンスラボ 4社様予定

16:45 第1部 基調講演

「VR Live映像配信の最新動向と360°動画配信プラットフォーム」

カディンチェ株式会社
最高戦略責任者秋山 大 様

17:00 第2部 先進企業紹介

「企業がライブストリーミングに取組む理由とは?」

株式会社Jストリーム
営業本部副本部長 兼 アドビジネス推進部長田中 恒利 様

「VR映像ビジネスのヒント~明日から始めるVRビジネス」

株式会社GYAO 事業開発本部
事業開発室 室長水本 慎太郎 様

「VR実感型リアルドライブシミュレーションシステム“T3R VR”」

株式会社アイロック
代表取締役古賀 琢麻 様

18:15 第3部 パネルディスカッション

「VRコンテンツ開発者が描く、2020年までの“VRビジネスロードマップ” 」

モデレーター
D4DR株式会社
代表取締役社長/コンサルタント藤元健太郎 様

パネリスト:カディンチェ株式会社、株式会社Jストリーム、株式会社GYAO

19:30 フォーラム終了予定

交流会

20:00 閉会

パネルディスカッション

ご登壇者様

株式会社アイロック 代表取締役
特別ゲスト プロレーシングドライバー

古賀 琢麻

2000年度から、夢であったNASCARシリーズに参戦。 参戦初年度はシリーズ参戦選手の中でもっともアグレッシブだったドライバーに与えられるハードチャージャーアワードを受賞。 2005年度には、NASCARシリーズGrand National Divisionに日本人で初のフル参戦をし、全米オールスター戦に出場を果たす。 2007年、2008年はWEST COAST PRO TRUCKSに参戦し、2年連続で年間シリーズランキング3位を獲得。 また近年はシボレー社のスポーツカーディビジョンのアフターパーツ開発ドライバー。 シボレー・カマロ及びシボレー・コルベットの米国本社での開発に携わる。 また、自身が代表を務める株式会社アイロックが、シボレー・コルベットのオフィシャルアップグレードパーツの開発を行っている。 2014年度ラスベガスで開催される、世界最大のアフターパーツショーSEMAの会場にて、CORVETTE専門のカスタムコンプリートカーブランドREVORIXを、カルフォルニア州アナハイムにて発足する事を発表。 2016年シーズン、シボレーのサポートを受けJKR CHEVROLET RACINGから、NASCAR K&N PRO SERIES に参戦する。 長年のレース経験を全て投入して開発をした、VRに特化したドライビングシミュレーター T3Rシミュレーターを開発・製造販売する。

古賀 琢麻

カディンチェ株式会社
最高戦略責任者

秋山 大

慶應義塾大学環境情報学部卒。大手印刷会社にてITやBPO関連の新規ビジネス創出の推進を担い、他社との提携や政府のポイント事業の制度/運用設計等を担当。その後外資系コンサルティングファームの戦略部門にて、製造流通業界のクライアントを中心に営業・マーケティング分野のアナリティクス案件を多数担当。2016年6月よりカディンチェ株式会社に参画。

秋山 大

カディンチェ社のVR取り組み紹介

2008年にソニーの映像研究所のエンジニア2名が立ち上げた、空間表現技術の研究・開発を行ってきたベンチャー企業。VRには2012年から取り組んでおり、360度の静止画の制作やそれを使ったバーチャル店舗、2014年からは360度動画の制作と配信プラットフォーム/アプリの開発・運用、2015年からライブ配信サービスの提供を開始。ライブ配信サービスの事業化に向け、10月にはclub 360(http://club360.info/)にライブ配信プラットフォームを提供するなど、実験的な取り組みを推進中。
http://www.kadinche.com/

株式会社Jストリーム
営業本部副本部長 兼 アドビジネス推進部長

田中 恒利

同志社大学工学部卒業。リクルートを経て、Jストリームには設立3期目の1999年5月に入社し、以来、メディア・コンテンツ業界における動画配信マーケットの開拓、企業におけるマーケティング領域での動画活用の推進に携わり、現在は同社における動画広告事業部門とメディカル業界担当営業部門のマネジメントを担当。

田中 恒利

Jストリーム社のVR取り組み紹介

Jストリームは1997年の設立以来、動画配信を主軸として事業展開を続けております。独自の配信ネットワークを活用した動画配信のみならず、これまで積み上げてきたノウハウを活かした動画の企画・制作・運用から、Webサイト制作、システム開発、アドサーバー連携や動画広告対応等によるマネタイズまで、総合的なサービスとソリューションを提供し、企業のマーケティングやコンテンツビジネスなどを支援しております。 VR関連の動画制作・ネット配信について、これまでも個別のお問い合わせに対応して実施してまいりましたが、2016年になりメディア系企業を中心に360度動画のご相談が増加したことを受け、360度動画の制作及びライブ/オンデマンド配信を行う「J-Stream 360ソリューション」の提供を開始いたしました。
また、360度動画はデータ量が大きくなる傾向があるため、Jストリームの動画配信インフラを活用した安定的な視聴環境の構築も支援しております。
https://www.stream.co.jp/

株式会社GYAO 事業開発本部
事業開発室 室長

水本 慎太郎

株式会社GYAO事業開発本部 事業開発室 室長。広告代理店勤務を経て、2000年にヤフー株式会社に入社しEC事業を担当。その後モバイルコマースのJV設立、中国との越境EC等を経験、2012年に株式会社GYAOに出向。MLB公式、2014W杯、アニメ配信等コンテンツビジネスに関わる。現在はBizDevチームを担当し、VRやLIVE配信等の新領域を開拓中。

水本 慎太郎

GYAO社のVR取り組み紹介

GYAO!
http://gyao.yahoo.co.jp/
宇多田ヒカル「30代はほどほど。」特集企画
http://gyao.yahoo.co.jp/special/hodohodo/
株式会社GYAOは、Yahoo! JAPANグループのエンターテインメントカンパニーとして、映像配信サービス「GYAO!」、電子書籍サービス「Yahoo!ブックストア」、占いサービス「Yahoo!占い」などのエンターテインメントに関わるサービスを運営しています。
アーティストのライブ映像、大作映画、見逃したテレビ番組や最新のコミックなど、様々なコンテンツとの出会いをお客様へ提供します。
2016年12月9日には、アーティスト活動再始動を果たした宇多田ヒカルさんのデビュー記念日に開催するイベント「30代はほどほど。」をGYAO!として初の3DVRでLIVE配信します。GYAO!は本件の配信協力をしており、現在絶賛準備中となります。イベント当日は皆様ぜひHMD越しにお楽しみください!

モデレーター

D4DR株式会社
代表取締役社長/ コンサルタント

藤元 健太郎

1994年に野村総合研究所で日本最初のサイバービジネス実験サイトであるサイバービジネスパークをトータルプロデューサーとして立ち上げ、ソフマップ、JTB、JCB、NTTドコモ、HONDAなどのインターネットビジネス参入の支援コンサルティングを実施。フロントライン・ドット・ジェーピー社ではSIPS事業の先駆けとして、多くのEビジネスを支援。現在もインターネット上のECやマーケティングなど各種ビジネスのコンサルティング、調査研究を進めている。マルチメディアグランプリ、オンラインショッピング大賞等の審査員。また日経MJコラムやレポートを執筆しており、主な著書として「サイバー市場の可能性」(生産性出版)。

リポーター

株式会社VRデザイン研究所
VR Experience Lab エンジニア

月田 直樹

初代Oculusが発売された頃に衝動買いし、それ以後どっぷり浸かる。大学ではMRの研究に従事、2014年から主にVRのプロト開発をはじめる。主にモバイル向けの開発を担当し、最近はモバイル環境におけるパフォーマンス向上に興味がある。Siggraph Asia会員。IGDA東北 副代表。
株式会社VRデザイン研究所は、2003年設立。3Dソフトウェア開発、ネットコミュニティ、地域コミュニティデザイン等を12年間実践的に研究。昨年よりVRに特化し、VRソフトのプロトタイプを開発するVR Experience Labを開設。

月田直樹

当会の企画、司会進行

株式会社VRデザイン研究所
代表取締役 所長

勝野 明彦

1985年 バンタンデザイン研究所入社。バンタン総研の設立に携わり、企画開発部部長、新規事業開発部長を経て、バンタン電脳工場設立。チーフプロデューサー兼工場長としてゲームソフト開発を行う。1997年日本ソフトウェア大賞・読売新聞社賞受賞。ビジネス交流イベント「マルチメディア・ビジネス創造フォーラム」全22回実施。退社後、独立。2001年 CGキャラクター制作集団(有)ポリゴンズを設立。ホリプロのバーチャルアイドル“伊達杏子DK2001”の制作をはじめ、3DCGキャラクターアニメーション制作業務を行う。現、花咲けピクチャーズ株式会社。その間、Yahoo!アバターの企画開発(10年間)、KDDI、NTTドコモ、NHNジャパン等の数多くのアバターの企画・制作を行う。その他、ファッション販売員の育成に特化した会社 ㈱FA Learning LAB.ウィンウィン設立、ユナイテッドアローズはじめ多くのファッション企業の教育に取組む。2011年会津大学内に研究室開設。同年、会津若松市にて会津産IT技術認定大賞受賞。2012年NICT情報通信ベンチャービジネスプラン発表会大賞受賞。現在、3社経営。 当フォーラムの発起人兼責任者。2017年4月VRエンジニア育成のための学校「VRプロフェッショナルアカデミー」開校準備中。
http://www.vracademy.jp/

※ 敬称略で失礼致します

開催概要

《 当会名称 》 第4回VRビジネスフォーラム2016
《 開催日時 》

2016年11月29日(火)

16:00〜20:00

※16:00 開場

※16:00〜16:45 VRコンテンツ体験会

《 参加対象 》 VR関連ビジネスに関心のある企業の方々
  • 経営者、経営企画・経営戦略のご担当者様
  • 新規事業開発のご担当者様
  • マーケティング等各部門のご担当者様
《 参加定員 》 30名限定
《 参加費用 》
■早割 11月22日(火)まで

8,000円(税込・1名様)

■一般 11月23日以降のお申込

10,000円(税込・1名様)

《 開催会場 》

ヤフー株式会社 紀尾井町 新社屋
東京都千代田区紀尾井町1-3 東京ガーデンテラス紀尾井町 紀尾井タワー

https://goo.gl/maps/wspTFHGmJ9U2

  • アクセス情報
《 協力 》 ヤフー株式会社 D4DR株式会社
《 主催 》 株式会社VRデザイン研究所 
株式会社WinWinWonder12
《 参加企業 》 第一回VRビジネスフォーラム参加企業一覧 第一回VRビジネスフォーラム参加企業一覧
《 お問い合わせ 》 VRビジネスフォーラム事務局 forum@vracademy.jp

満員御礼につき終了致しました

過去に開催したイベント

第3回VRビジネスフォーラム

開催日:2016年10月26日

VR 次のフェーズは、〝コンテンツ” 〜Great Software Experiences
ゲスト
Gclue株式会社/株式会社桜花一門/ネストビジュアル株式会社/株式会社アップアローズ/株式会社積木製作
Gclue株式会社/株式会社桜花一門/ネストビジュアル株式会社/株式会社アップアローズ/株式会社積木製作

第2回VRビジネスフォーラム

開催日:2016年9月29日

『東京ゲームショウ2016&日本バーチャルリアリティ学会大会 (20周年記念)最新VRリポート
中国の最新VRビジネス動向と中国と日本におけるVRの新ビジネス&サービスのヒント』
ゲスト
株式会社エクシング/株式会社DMM.com/FAMIKU社
株式会社エクシング/株式会社DMM.com/FAMIKU社

第1回VRビジネスフォーラム

開催日:2016年8月24日

「SIIGRAPH2016 VR Village最新リポートとVRビジネス2020までのロードマップ」

〜先進企業によるVR最新事例紹介とパネルディスカッション

ゲスト
株式会社NTTドコモ/株式会社積木製作/株式会社eje
サムスン電子ジャパン株式会社
株式会社NTTドコモ/株式会社積木製作/株式会社eje/サムスン電子ジャパン株式会社