入学のお問合せ・ご相談

050-7579-2229 (平日10:00 - 21:00)

050-7579-2229 (平日10:00 - 21:00) 

scroll

Top

【新規】VR実写クリエイターコース

Unityを活用したVR実写コンテンツ制作講座
VR実写撮影から編集、配信まで!

本コースでは主にUnityを用いたVR映像コンテンツ開発とその制作ワークフローを学習します。
VR映像コンテンツを開発する際に必要な撮影・編集・合成の知識と技術の他に、それを実装するためのUnityの機能も含めて詳細に学習することが出来ます。また、CGと映像によるVR開発の違いや、それぞれのメリット・デメリット。 更に、インタラクティブコンテンツの制作のためのノウハウなどを学習することで、 VR映像コンテンツを企画制作し、そして配信出来るクリエイターを目指すのが本コースです。

     3つのポイント 

  • <実写の撮影・編集>

    Copyright © JOUER

    • VR映像の現状と海外事例
    • VR映像企画の作成
    • VR映像制作のワークフロー
    • VR撮影と編集
    • ステッチングとポストプロダクション
  • <Unityを使った映像の合成>

    © 2019 Unity Technologies

    • Unityを使ったコンテンツ開発事例
    • Unityによる動画編集
    • UnityでのVR映像の取り込みと再生
    • インタラクション機能の実装
    • VR映像へVTuberキャラクターの合成
  • <作品の発表・配信>

    • ハッカソン
    • Vアカ・オーディションでの発表
    • VRフェスへの出展
    • プラットフォームサイトへの配信
    • コンテストへの出展

講座概要

期間 5ヶ月間 2019/10/5(土)~2/29(土) 【5ヶ月全21回】
時間 毎週土曜日:13:30〜16:30
対象者 ・VRの実写コンテンツを制作したい方
・VR映像の海外や国内の現状を知りたい方
・VR映像の撮影機器から撮影や編集までを学びたい方
・13歳以上で学生から社会人まで
定員 16名
入学金 5万円(早割申込みで割引特典有!
授業料 <一括払い>
一般:24万8千円
学生:14万8千円
<分割支払>
一般:月々5万円~
学生:月々3万円~
協力 株式会社リコー
会場 恵比寿校

学習のながれ

VR映像企画

業界の最新事例や様々な開発手法について学び、企画作成を行います。右記講座で他のVR映像クリエイターとの差をつけます。

〈主に学習する要素〉

・VRと映像の現状
・VR×映画の世界・VR定義
・VR映像の企画の立て方
・VR映像のストーリテリング手法
・レゴワークショップ
・企画プレゼンテーション

1ヶ月目

First Month

VR映像制作ワークフローとVR撮影

VR映像を撮影するためのながれを学習し、実際に撮影を行います

〈主に学習する要素〉

・VR実写の基本講座
・VR撮影の実際
・VR映像制作ワークフロー
・ステッチソフトの使い方
・カラーコレクション/グレーディング

2ヶ月目

Second Month

VR映像の編集と発展
ハッカソン

撮影したVR映像の編集、配信方法について学習します。

〈主に体験・学習する要素〉

・VR映像編集ツール概要
・VR映像編集ツールを用いたコンテンツの編集方法
・VR各種フォーマットの違い
・実写系の未来のVR
・フォトグラメトリー

3ヶ月目

Third Month

VRサウンドデザイン
Unity編集基礎
学内コンテンツ発表会

Unityを使った映像の編集とインタラクションの実装につちえ学習します

〈主に体験・学習する要素〉

・VRサウンドデザイン
・Unityを使った映像編集概要
・シネマシンを使った映像編集の方法
・Unityによるポストプロダクション

4ヶ月目

4th Month

実写映像とVTuber合成
VRフェス

Unityを用いた実写とCGの合成について学習します

〈主に学習する要素〉

・インタラクション機能の実装方法
・VTuberの表示方法
・アニメーションの実装
・実写とVTuber合成
・VRフェスへの出展

5ヶ月目

5th Month

スケジュール&カリキュラム

10月
  • VRと映像の現状
  • VR×映画の世界・VR定義
  • VR映像の企画の立て方
  • VR映像のストーリテリング手法
  • レゴワークショップ
  • 企画プレゼンテーション
11月
  • VR実写の基本講座
  • VR撮影の実際
  • VR映像制作ワークフロー
  • ステッチソフトの使い方
  • カラーコレクション/グレーディング
12月
  • VR映像編集ツール概要
  • VR映像編集ツールを用いたコンテンツの編集方法
  • VR各種フォーマットの違い
  • 実写系の未来のVR
  • フォトグラメトリー
1月
  • VRサウンドデザイン
  • Unityを使った映像編集概要
  • シネマシンを使った映像編集の方法
  • Unityによるポストプロダクション
2月
  • インタラクション機能の実装方法
  • VTuberの表示方法
  • アニメーションの実装
  • 実写とVTuber合成
  • VRフェスへの出展

※参考カリキュラムです。変更する場合があります。

カリキュラム一部紹介

第6回:VRカメラと機材の選び方

VR映像を撮影するためのカメラは専用の360度カメラだけでなく、 一眼レフに特殊なアクセサリーを装着するなど様々な方法があります。 また、それをクリップや一脚などを利用することで簡単に且つユニークな映像を撮影することが出来ます。 本講座ではそれらの説明と実例を学んだあと、実際に機材を用いた面白い映像撮影に挑戦してもらいます。

第8回:VRカメラの画質

VRカメラの画質は端的に解像度だけでなく圧縮形式やビットレート数、 イメージセンサ等、様々な要素が絡んできます。またそれらの映像をより良くするための方法として カラーコレクションやグレーディングといった撮影後にソフトで編集する要素が非常に重要なポイントです。 本講座ではVR映像の画質を向上するための基礎的ポイントを学んでいきます。

第12回、第13回:VRサウンドデザイン

VRコンテンツの没入感を高める要素として非常に重要な要素がサウンドです。そんな音の没入感を高めるために 実世界で発生する音の物理現象、音響理論の基礎をはじめに学習します。そして様々な3Dサウンドフォーマットと音声の収録 そして再生方法について学習します。

第14回、第15回:Unityによる映像編集とアプリ化

撮影した映像をスマホやVRゴーグルで再生出来るアプリ制作に挑戦してみます。 アプリ制作を通して、通常の動画編集やプレイヤーの再生では真似できないインタラクション機能の実装や ジャイロとの連動処理の実装。そしてカラーコレクション等に挑戦してみます。上記内容を通して、 Unityを使ったオリジナルVR映像作品アプリの開発方法を学習します。

講師紹介

Supership 株式会社
VR戦略企画室/VR映像プロデューサー

Supership 株式会社
VR戦略企画室/VR映像プロデューサー

待場 勝利

大学を卒業後、アメリカで映画製作を学ぶ。TVディレクター、20世紀フォックスホームエンターテイメントジャパンで日本語版プロデューサー、サムスン電子ジャパンではGear VRを担当。 2016年から株式会社eje VR推進部執行役員としてVRのコンテンツに関わる。 現在まで数々のVR Projectを担当。現在、 Supership 株式会社 VR戦略企画室 VR映像プロデューサー。

ジュエ 株式会社
クリエイティブディレクター

ジュエ 株式会社
クリエイティブディレクター

西條 結城

商社にて広報、Webマーケティングを担当。傍らブロガーとして月間20万PVを運営後、VRカメラマンに転職。現在は4Kから8Kまでの空撮と360°VR撮影のプロフェッショナル集団ジュエ株式会社にて、 最先端のVR撮影に携わる。また講師として登壇、ライターとして寄稿をするなど不定期に活動中。最近ではUnityを利用したVR動画プレイヤーの開発エンジニアとして活動。

Sonologic-Design
audiokinetic株式会社
代表/プロダクトエキスパート

Sonologic-Design
audiokinetic株式会社
代表/プロダクトエキスパート

牛島 正人

サウンド制作会社に約8年勤務後、2015年Sonologic-Designを立ち上げる。サウンドデザイン/ディレクション/仕様作成/MA/楽曲制作/ボイスディレクション等幅広く業務を行う。2016年、大手効果音ライブラリー会社ProSoundEffectよりTokyo/Shanghai Ambisonic Libraryリリース。日本で先駆けてゲームサウンドとAmbisonics両方を駆使した最先端イマーシブサウンドを大手プロダクションと実現。2017年3月audiokinetic株式会社プロダクトエキスパート就任。執筆、講演、デモンストレーションなど最新VRサウンド技術の普及に尽力。

ハッカソンを開催

12/14(土)ハッカソンを開催

ハッカソンとはチームを組んで与えられたテーマのもと短期間で企画・開発・発表までを体験するイベントです。 VRアカデミーではハッカソンを通して”チーム開発”、”コンテンツ制作のワークフロー”、”開発力の強化”を経験し、コンテンツを作る力を高めます。

発表ステージ

 Vアカ・オーディション(学内コンテンツ発表会) 

Vアカオーディションは4ヶ月目最後に実施される学内コンテンツ発表会です。

お互いで制作したコンテンツを発表し、そしてフィードバックをおこなうことで改善点を見つけます。

更にそこから1ヶ月間ブラッシュアップを行い、最後のVRフェスに向けて準備を進めていきます。

 VRフェスに出展 

講座最終日にVRアカデミー主催の展示会VRフェスに出展します。

受講期間中に作成したオリジナルVR映像作品を一般の方達に体験してもらうことが出来ます

更に特別コラボを準備中。展示した優秀な作品には特別な賞を授与予定!

 更なる発表ステージも準備中! 

【8月開催】VR実写コンテンツ制作講座

VR実写クリエイターコース開催に先立ち、8月に3DaysのVR実写コンテンツ制作講座を開催します。

期間 8/24(土),8/31(土),9/7(土)
時間 13:30〜16:30
対象者 ・VRの実写コンテンツを制作したい方
・VR映像の海外や国内の現状を知りたい方
・VR映像の撮影機器から撮影や編集までを学びたい方
・13歳以上で学生から社会人まで
定員 16名
参加費 ¥6,000(税抜)
会場 恵比寿校

資料請求はこちら

VRアカデミーのパンフレットをはじめ、企業向けのVRビジネスイベント資料、業界の最新動向を追ったVR情報誌を無料で発送します。

電話でのお問合わせ・ご相談は

(平日10:00〜21:00)