入学のお問合せ・ご相談は (平日12:00〜19:00)

TEL:050-7579-2229

VRエンジニア【プロフェッショナル】

VRエンジニア
【プロフェッショナル】

【プロフェッショナルコース】とは

Unity実務経験者の方が、VRコンテンツ開発のための知識や技術を学び、
企業での現場実習を通して実践力を鍛える最上位コースです。
希望に合わせて、就職・転職・起業をフルサポートします。

Unity実務経験者の方が、VRコンテンツ開発のための知識や技術を学び、 企業での現場実習を通して実践力を鍛える最上位コースです。

コース概要

期間 2018/10/6~2019/9/7(土曜日)
【12ヶ月間】
時間 毎週土曜日13:00〜17:00
企業研修(3ヶ月間)
対象者 Unity上級者
プログラミング実務経験者
定員 10名
出願料 なし
選考 プログラミングスキルチェック
面接
授業料 90万円(学生45万円)
Unity認定試験 2万4千円
認定試験コースウェア 1万8千円(希望者のみ)
特典 就転職フルサポート
パーソナルトレーニング
3ヶ月間の企業研修
HMD無料貸出
会場 お茶の水校+中目黒校+企業オフィス

※消費税別途

※認定試験コースウェアとはUnity公式のオンラインで学習が出来るUnity公式教材です。試験に確実に合格するためには本コースウェアの購入を推奨します。(3ヶ月利用可)

スケジュール

カリキュラム

学習内容

  • 10月
    • Unity認定試験対策講座
    • Unity実用プログラミング講座
    • Unity認定試験範囲をベースとしたUnityの学習
    • C#のプログラミング記法とデザインパターン
  • 11月
    • VRコンテンツ制作ワークフロー
    • 3D空間におけるスケール設計
    • CGソフトからのインポートとアニメーション
    • VRにおける移動とVR酔い
    • VRを開発するための様々なワークフローについて解説します。
    • VR空間でより正しく見せる方法は何か。またスケール間隔についてそれらの設計方法を学びます
    • CGソフトからのCGモデルのインポートとアニメーションの設定方法について学習します。
    • VRでの様々な移動方法をVR酔い対策を軸として学習します。
  • 12月
    • より良いVR表現の為の開発ポイント
    • 没入感を高めるための工夫
    • Shader入門
    • ハッカソン

    • より良いVRコンテンツを開発するためのポイントを紹介します。
    • VRで没入感を高めるための様々な工夫や事例について学習します。
    • Shaderの役割とは。UnityShaderの実装方法を学習します。
  • 1月
    • パフォーマンス・チューニング
    • VRサウンドデザイン
    • ネットワーク機能とソーシャル要素
    • Vアカ・オーディション

    • UnityでVRコンテンツを開発する際のパフォーマンスチューニングについて学習します
    • Shaderの役割とは。UnityShaderの実装方法を学習します。
    • VR空間内でのソーシャル要素のデザイン方法とネットワーク機能の実装方法を学習します。
  • 2月
    • 開発したコンテンツをブラッシュアップ
    • オープン講座
    • 東京VRコンテンツfes.2019

    • 2月はVアカ・オーディションで発表したコンテンツを更にブラッシュアップに挑戦します。
    • オープン講座は講座期間中に話題のSDKやハードに関連したワークショップを行います。
  • 3月
    • トレーニング(大切にする3つの力)
      • ”夢を描く力”➡VISION
      • ワクワクする1つのコトを”最後までやろ遂げる力”➡GRIT
      • 失敗しても諦めないで”這い上がる力”➡START UP
    • IT業界でも重視傾向のあるコミュニケーション力について、専門の講師による短期集中トレーニングを行います。
  • 4〜6月
    • 企業研修
    • 〜研修先例〜

      • 建築系VRコンテンツ開発企業
      • VR映像作品開発企業
      • VRゲーム開発企業
    • 実務案件参加しVRコンテンツ開発のコーディング力の向上研修。
    • チーム開発に参加し、グループで創り上げるチーム力の向上研修。
    • 期間以内にタスクを達成することでGRIT力(やり遂げる力を鍛えます)の向上研修。
  • 7〜8月
    • 自作VRコンテンツ制作
    • 東京VRコンテンツfes.2019

    • 今まで学んできたことを踏まえてリリースを目指した自作VRコンテンツの制作に挑戦します。

参考カリキュラムです。変更する場合があります。

スケジュール

10月
  • Unity認定試験対策講座
  • Unity実用プログラミング講座
11月
  • VRコンテンツ制作ワークフロー
  • 3D空間におけるスケール設計
  • CGソフトからのインポートとアニメーション
  • VRにおける移動とVR酔い
12月
  • より良いVR表現の為の開発ポイント
  • 没入感を高めるための工夫
  • Shader入門
1月
  • パフォーマンス・チューニング
  • VRサウンドデザイン
  • ネットワーク機能とソーシャル要素
2月
  • 開発したコンテンツをブラッシュアップ
  • オープン講座
  • 東京VRコンテンツfes.2019
3月
  • トレーニング(大切にする3つの力)
4〜6月
  • 企業研修
7〜8月
  • 自作VRコンテンツ制作

※参考カリキュラムです。変更する場合があります。

※オープン講座は新たに発表された技術を学習出来る講座になります。前期はHoloLensやARKit等を実施しました。

企業研修とは

実践力を鍛えるためVRコンテンツ開発先進企業にインターンを行います。そこで実際の案件開発を通して今まで学んできた技術や知識が実践でも使えるように目指します。

企業研修概要

研修期間 2019年4月〜6月
作業時間 受講者のスケジュール毎に相談の上決定
研修概要 VRコンテンツ制作の実案件開発に従事する

自作VRコンテンツ制作

今まで学んできたことを活かして自作VRコンテンツ制作に挑戦!

リリース基準を満たしたコンテンツは全国のネットカフェで視聴が可能なVRコンテンツプラットフォーム【VIRTUALGATE】で配信!

    ゴールイメージ

  • VRコンテンツ開発の基礎知識から実践ノウハウまで学習できる

  • Unity公式の認定資格が取得出来る

  • 学内企業向けオーディション(Vアカ・オーディション)と
    東京VRコンテンツfes.に出展出来る。

    学内企業向けオーディション(Vアカ・オーディション)と東京VRコンテンツfes.に出展出来る。

  • かけがえのないVRエンジニアの仲間がつくれる

  • 就職・転職希望者はVRコンテンツ開発企業に紹介してもらえる

  • 今の企業でキャリアアップ

  • 就職・転職・再就職先が見つかる

  • 起業の準備ができる

  • 自作VRコンテンツを全国のネットカフェに配信出来る

受講までのフロー

STEP1

エントリー申込み

エントリーフォームから簡単に申込みいただけます。

STEP2

出願フォームの記入

「出願フォーム」に必要事項を記入しご返送下さい。

STEP3

プログラミングスキル
チェック

オンラインでプログラミングスキルチェックを受けていただきます。

STEP4

面談

弊社アカデミーサロンで面談をおこないます。

STEP5

選考結果通知

面談・プログラミングスキルチェックを踏まえ、選考結果をお伝えします。

VRアカデミー
VR体験会&レッスン
平日11:00〜21:00

MRアカデミー
2018年7月開校
募集受付中

【6/09開催】
第8回Unity認定試験
申込受付中