入学のお問合せ・ご相談は (平日12:00〜19:00)

TEL:050-7579-2229

【6月編入】
VRエンジニア アドバンスコース

【6月編入】VRエンジニア
アドバンスコース

【6月編入】アドバンスコースとは

Unity経験者の方を対象に10ヶ月でUnityを用いた3Dゲーム開発と VRコンテンツの開発方法について学びます。また2ヶ月間で AR・MRコンテンツの開発方法についても学び、初心者から
VR・AR・MRコンテンツが開発出来るスキルの取得を目指せます。

Unity経験者の方を対象に10ヶ月でUnityを用いた3Dゲーム開発と VRコンテンツの開発方法について学びます。また2ヶ月間で AR・MRコンテンツの開発方法についても学び、初心者から VR・AR・MRコンテンツが開発出来るスキルの取得を目指せます。

    アドバンスのステージサポート

    アドバンスのステージサポート

  • <学べる>

    プログラミング技術スキル

    Unityによる開発手法

    VR・AR・MRコンテンツの開発

  • <創れる>

    プロジェクト教材による学習開発

    オリジナルVRコンテンツの開発

  • <魅せる・拡げる>

    Vアカ・オーディションでの発表

    東京VRコンテンツfes.への出展

    VIRTUALGATEへリリース

コース概要

コース概要

期間 2018/6/2~2019/3/2(土曜日)
【10ヶ月間】
時間 毎週土曜日13:00〜17:00(スクーリング)
対象者 Unity経験者
定員 10名
授業料 <一括払い>
一般:42万円
学生:24万円
<サブスクリプション>
一般:月々5万円
学生:月々3万円
Unity認定試験 2万4千円
認定試験コースウェア 1万8千円
特典 アプリ開発無料参加
HMD無料貸出
就転職フルサポート
東京VRコンテンツfes.出展料無料
VIRTUAL GATE出展挑戦権利
会場 お茶の水校・中目黒校

※消費税別途

※サブスクリプション:但し初月は除きます。初月はUnity認定試験料が加算されます。

※認定試験コースウェアとはUnity公式のオンラインで学習が出来るUnity公式教材です。(3ヶ月利用可)

期間 2018/6/2~2019/3/2(土曜日)
【10ヶ月間】
時間 毎週土曜日
13:00〜17:00
対象者 Unity経験者
定員 10名
授業料 <一括払い>
一般:42万円
学生:23万円
<サブスクリプション>
一般:月々5万円
学生:月々3万円
Unity認定試験 2万4千円
認定試験コースウェア 1万8千円
特典 アプリ開発無料参加
HMD無料貸出
就転職フルサポート
東京VRコンテンツfes.出展料無料
VIRTUAL GATE出展挑戦権利
会場 お茶の水校・中目黒校

※消費税別途

※サブスクリプション:但し初月は除きます。初月はUnity認定試験料が加算されます。

※認定試験コースウェアとはUnity公式のオンラインで学習が出来るUnity公式教材です。(3ヶ月利用可)

スケジュール

カリキュラム

学習内容

  • 6月
    • VRコンテンツ制作ワークフロー
    • Unityの標準機能を使ったVRコンテンツの開発手法
    • ハッカソン

    • VRコンテンツを制作するための一般的な流れをとより良いコンテンツを創るためのフローについて学びます
    • Unityの標準機能に実装されているXR機能を用いたVRコンテンツの開発方法について学びます
    • VRに適したUI設計、視線を使った入力処理の実装方法について学びます。
  • 7月
    • VRUIメニュー
    • 3D空間とスケール設計
    • VRウォークスルー
    • VR酔いとその対策
    • VR内のメニューの制作方法について学びます
    • VR空間でよりリアルに見せる方法とは何か。またVR特有のスケール間隔についてそれらの設計方法を学びます
    • VR空間を移動するにはどうしたら良いのか、実例を交えながら一般的な移動方法について学びます
    • VR酔いが何故起こるのか。その要因と対策方法について学びます
  • 8月
    • 開発したコンテンツをブラッシュアップ
    • オープン講座1
    • オープン講座2
    • オープン講座は講座期間中に話題のSDKやハードに関連したワークショップを行います。
  • 9月
    • UnityでARKitを使う(導入編)
    • ARKit Plugin機能の利用
    • UnityでARCoreを使う(導入編)
    • Unity ARKit Pluginを使った ARアプリの実装方法を学びます。
    • ARKit機能にある平面検出、モーショントラッキング、環境光の推定方法の使い方
    • ARKitのセッション中断処理、イベント通知処理、ユーザーアンカーの設定方法
    • Unity ARCore を使った ARアプリの実装方法を学びます。
  • 10月
    • ARKit、ARCoreを用いたモバイルVRへのポジショントラッキングへの応用
    • Unityを使ったHololensコンテンツ開発
    • ARのトラッキング機能を利用したモバイルVRでのポジショントラッキング機能の実装方法について学びます
    • Unityを使ったホロレンズコンテンツの開発方法、Gaze処理
    • ホロレンズのジェスチャー操作、音声コマンド、SpatialSoundの実装
    • ホロレンズのSpatial Mapping、ホログラムのSharing機能の実装
  • 11月
    • Unityを使った実用プログラミング講座
    • コントローラを使ったVRの入力
    • VRUI設計概論
    • シングルトンやラムダ式、LINQなど別言語や初級のテキストではあまり扱ってないがよく使われる内容を学習します

    • コルーチン、UnityEvent、Action関数の実装
    • VRコントローラの特徴とそれぞれ別のHMDでのコントローラの仕組み、操作の違い、メリット・デメリットについて解説します。
    • VR上でUIの特徴について学習します。一般的なUIとの相違点。気をつけなければいけないことなどを実例を交えながら学びます。
  • 12月
    • VR酔いとその対策2
    • サウンドデザイン
    • VRベスト・プラクティス
    • Unityライティング実践
    • ハッカソン

    • SpatialAudioなどVR空間で3Dサウンドをデザインするにあたり、その基礎知識と音の役割、実装に落とし込むためのメソッドを学びます
    • VRをよりよく体験するためには何を意識すれば良いのか、そういった様々な要素を紹介、解説します
    • Unityで効果的なライティングを施すにはどうしたら良いのか。ライティング機能の理解と実装方法を学びます
  • 1月
    • ネットワークとソーシャル要素
    • Shader入門
    • VRコンテンツ展示ノウハウ
    • Vアカ・オーディション

    • 実務案件参加しVRコンテンツ開発のコーディング力の向上研修。
    • チーム開発に参加し、グループで創り上げるチーム力の向上研修。
    • 期間以内にタスクを達成することでGRIT力(やり遂げる力を鍛えます)の向上研修。
  • 2月
    • 開発したコンテンツをブラッシュアップ
    • オープン講座1
    • オープン講座2
    • 東京VRコンテンツfes.2019

    • 2月はVアカ・オーディションで発表したコンテンツを更にブラッシュアップに挑戦します。
    • オープン講座は講座期間中に話題のSDKやハードに関連したワークショップを行います。

※参考カリキュラムです。変更する場合があります。

※オープン講座は新たに発表された技術を学習出来る講座になります。前期はHoloLensやARKit等を実施しました。

スケジュール

6月
  • VRコンテンツ制作ワークフロー
  • Unityの標準機能を使ったVRコンテンツの開発手法
  • ハッカソン
7月
  • VRUIメニュー
  • 3D空間とスケール設計
  • VRウォークスルー
  • VR酔いとその対策
8月
  • 開発したコンテンツをブラッシュアップ
  • オープン講座
9月
  • UnityでARKitを使う(導入編)
  • ARKit Plugin機能の利用
  • UnityでARCoreを使う(導入編)
10月
  • ARCore Plugin機能の利用
  • ARKit、ARCoreを用いたモバイルVRへのポジショントラッキングへの応用
  • Vuforiaを使ったクロスプラットフォームアプリの作成
11月
  • Unityを使った実用プログラミング講座
  • コントローラを使ったVRの入力
  • VRUI設計概論
12月
  • VR酔いとその対策2
  • サウンドデザイン
  • VRベスト・プラクティス
  • Unityライティング実践
  • ハッカソン
1月
  • ネットワークとソーシャル要素
  • Shader入門
  • VRコンテンツ展示ノウハウ
  • Vアカ・オーディション
2月
  • 開発したコンテンツをブラッシュアップ
  • オープン講座1
  • オープン講座2
  • 東京VRコンテンツfes.2019

参考カリキュラムです。変更する場合があります。

オープン講座は新たに発表された技術を学習出来る講座になります。前期はHoloLensやARKit等を実施しました。

    ゴールイメージ

  • VRコンテンツ開発の基礎知識から実践ノウハウまで学習できる

  • Unity公式の認定資格が取得出来る

  • 学内企業向けオーディション(Vアカ・オーディション)と
    東京VRコンテンツfes.に出展出来る。

    学内企業向けオーディション(Vアカ・オーディション)と東京VRコンテンツfes.に出展出来る。

  • かけがえのないVRエンジニアの仲間がつくれる

  • 就職・転職希望者はVRコンテンツ開発企業に紹介してもらえる

  • 今の企業でキャリアアップ

  • 就職・転職・再就職先が見つかる

  • 起業の準備ができる

  • 自作VRコンテンツを全国のネットカフェに配信出来る

VRアカデミー
VR体験会&レッスン
平日11:00〜21:00

MRアカデミー
2018年7月開校
募集受付中

【4/28開催】
第7回Unity認定試験
申込締切間近