VR Experience Lab(xLab)とは?

VR Experience Lab

様々な企業の課題に対して、最善の改善企画を立案し、VR/AR/MR技術を活用して、システム開発やコンテンツ開発を行い、企業の課題解決をサポートするテクノロジー研究室です。


xLabの取り組み

xLabの取り組み


共同研究

VRxLabの活用機器

様々な企業の課題に対して、最善の改善企画を立案し、VRの大型機器を活用して、システム開発やコンテンツ開発を行い、企業の課題解決をサポートします。


研究開発・事例1:「安全運転教育のソフト開発」

自動車の運転に関する安全教育ソフトの開発

〈狙い〉

  • 1) 高齢者に対しての危険運転回避体験
  • 2) トラック運転手向けの安全教育
  • 3) ドライビングトレーニング~プロ仕様の車種100以上×世界のレースコースの体験

<導入先イメージ>

  • 運送業者→「トラックドライバーの安全研修」
  • 保険業者→「自動車事故防止活動」
  • カーディーラー→「顧客集客イベント」等

導入VRドライブシミュレーター T3R VRの紹介

© IROC.co.,Ltd All Rights Reserved.

株式会社アイロック社の“T3R VR”を利用しています。“T3R VR ”はより現実に近い運転を体験するためにプロレーシングドライバーによるチューニングを施された筐体です。


研究開発・事例2:「 VRフィットネスソフトの開発」

体幹トレーニング×VRライドマシーン

導入VRフィットネスマシン機器 ICAROSの紹介

© ICAROS GmbH - All rights reserved

ドイツのICAROS GmbH社の“ICAROS PRO”を利用しています。 “ICAROS PRO”は、フィットネストレーニングをVRと組み合わせた、 ジムなどでの継続的な使用に最適なプロ仕様マシンです。

<狙い>

  • 1)フィットネスのモチベーションを高める
  • 2)ワクワクする娯楽性の高いアクティブなVR体験
  • 3)eスポーツとの連携

<導入先イメージ>

  • フィットネスジム⇒「集客のための最新テクノロジー機器の導入」
  • リハビリ施設⇒「運動継続モチーベーションの向上」
  • 娯楽施設⇒「eスポーツとして、オンライン対戦型や協力プレイ機能のVRゲーム」等


研究開発・事例3:「認知症体験&予防ソフトの開発」

認知症体験&予防×身体運動を伴う安全サポートデバイス

 提案例:歩行等身体運動を伴う行動に安全なVR体験を提供し脳を刺激する

<狙い>

  • 1)認知症患者目線で症状を体験をする
  • 2)予防のために、安全な運動し、達成感を味わう
  • 3)予防のために、人と交流する
<導入先イメージ>

  • 自治体向け⇒「認知症患者目線で症状を体験をする」
  • 高齢者サービス施設⇒「安全運動体験VRゲーム」
  • 一人暮らしの家庭で⇒「家族と思い出の体験を回顧しながら遠隔コミュニケーション」等

導入歩行型VRデバイス Omniの紹介

© Virtuix™ 2019. All rights reserved.

“Virtuix Omuni”は米国Virtuix 社が開発した歩行型VRデバイスです。VR空間を自分の足で360度自由自在に歩いたり走ったりすることができます。


VR空間上での教育システムの開発

弊社はVRアカデミーを運営と並行して、様々な企業の社員教育も行っております。

目指すは、独自のVR空間内での教育システムの開発を毎週のアカデミーで実証実験を繰り返しながら開発を進めています。

Vtuberを活用した講義風景

VR空間上での公開講座の風景

バーチャルイベントプラットフォーム
「cluster」を活用した講義風景



お問合せ

弊社と受託開発・共同開発をご検討の方は下記フォームよりご連絡ください。