VRunner

VRマーケットを牽引するトップランナーのインタビュー誌

VR×アクティビティ~「今」を感じるVRを目指して

VR×アクティビティ~「今」を感じるVRを目指して

VR×アクティビティ~「今」を感じるVRを目指して
株式会社 バンダイナムコアミューズメント プロダクトビジネスカンパニー
プロデュースディビジョン プロデュース1部 ドラゴンクエストVR プロデューサー
濵野 孝正

今年4月27日からVR ZONE SHINJUKUにオープンした大人気フィールドVRアクティビティ「ドラゴンクエストVR」。予約が取れないほど大人気なアクティビティ。今回はプロデューサーの濵野氏に開発の裏側から運営の中での新たな気づきやVRコンテンツを開発する仕事の魅力についてインタビューを行った。

「あの世界に入って生身で体験してみたい!」

まず「ドラゴンクエストVR」の特徴についてお聞かせください

ドラゴンクエストの冒険を仲間と一緒にリアルに体験できることが、本作の最大の特徴です。「あのドラゴンクエストの世界に入って冒険したい!」そんな、誰もが夢見た願いを何とか実現したいとの思いから、ドラゴンクエストが持つ世界観や、誰もが楽しめる分かりやすさを大切にして開発を進めました。そのため、根っこのコンセプトはドラゴンクエストと相違ないと思います。

逆にVRならではの特徴はありますか?

本作では開発初期から、ドラゴンクエストのプロデューサーである市村さんや弊社の小山と一緒にディスカッションを重ねてきました。その中でよく話したのが、ドラゴンクエストの様々な要素を、VRでの体感としてどのように落とし込むかと言うことです。

例えば、ゲームだと呪文を放つときはコマンドを選択しますが、リアルに放つ場合は、そうではないですよね。杖を振るのか、詠唱するのか、もっともしっくりくる体感は何なのか?などなど深く議論をしました。体感を大切にするからこそ、HPやMPの数値での表示やチュートリアルといった情報をなくしました。また、市村さんからは、「剣で斬った手応えを表現してほしい」とのリクエストをもらい、バンダイナムコスタジオと協力し、オリジナルの剣や盾のデバイスを開発しました。いくつかのフィードバック機構によって、モンスター毎に異なる手応えを実感できるようになっているので、ぜひ体感して欲しいですね。

「様々なシチュエーションを仲間と一緒に体験」がリピート率の鍵!

運営をスタートしてから何か気がついた点はありますか?

そうですね。VRコンテンツは一般的に一度体験されるとリピートされにくいのですが、本作は想定以上に多くの方が何度も体験されていてビックリしています。戦士と魔法使い、僧侶から職業を選びパーティを組むのですが、それぞれの職業で役割が明確に異なります。そのため全ての職業を体験したくなりますし、またパーティ内での連携がとりやすいため、今回はこの仲間で冒険したけど、次は違う仲間と冒険したい、といった気持ちにもなります。色んな組合せで異なる体験ができることが、リピート率の高さにつながっているのかと思います。

VRは人の夢を叶えることが出来る!

VRコンテンツを作ることの面白さはなんでしょうか?

VRアクティビティの開発を通じ、分かったことは、人が本当に「今」感じていることを、きちんとVR空間でも再現してあげることが重要だということです。そうしないと、体験者が違和感を感じてしまうんですよね。一般的なゲーム制作だと体験を盛ってしまう発想になりがちなのですが、現実で当たり前の感覚が、VRでは違った感覚になってしまうと「これは偽物だ」と感じてしまい、冷めてしまうんですよね。
非日常的な行動であっても、VRで表現するのは結構難しい。だからこそ、いろいろ試行錯誤するのですが、その違和感を感じる根っこを見つけられた時は非常にうれしい。こんなことをやりたい、あんなことできれば良いのにという願望を、VRを通じて体験として提供することが出来れば、その人にとって夢を叶えることにつながると思います。そういった点がVRコンテンツ開発の魅力だと思います。

最後にVRコンテンツ開発を目指す人達にメッセージをお願いします。

VRの技術はどんどん進んでいって、映画「レディ・プレイヤーワン」のような世界も遠からずやってくると思います。VR空間ってまさに生身で感じていることを落とし込むことが大切なので、現実世界でのいろんな体験を通して、アイデアの幅を広げて欲しいと思います。またVRはやってみないと分からないので、ぜひVRZONEのアクティビティを含め、たくさん体験して欲しいですね。VRの楽しさをたくさんの人に体感してもらえるようなコンテンツ開発に挑戦していきましょう!


株式会社 バンダイナムコアミューズメント プロダクトビジネスカンパニー
プロデュースディビジョン プロデュース1部
濵野 孝正
施設運営から始まり、絵本や、子供向けインタラクティブコンテンツのプロデュースも手掛けてきた。




VRプロフェッショナルアカデミー!
2018年12月編入生、2019年4月生募集中

VRプロフェッショナルアカデミーは現在募集イベントを開催しています。 VRプロフェッショナルアカデミーについて興味がある。詳しい内容を聞きたい。VRを体験したい。授業を見学したいなど、様々な目的に合わせて参加可能です。 是非お気軽にお申し込みください。

オープンキャンパス【期間限定・毎週土曜日】
〜個別説明会&授業見学&VR体験会〜

時 間: 60〜90分(13:00 〜 17:00)
場 所: ・お茶ノ水校(小川町駅 徒歩3分, 淡路町駅・新御茶ノ水駅 徒歩4分)
・中目黒VRサロン(東横線・日比谷線 中目黒駅徒歩2分)
・恵比寿校 株式会社フェローズ 7階・セミナールーム
※当日の場所については直接お問合せください
申込み: こちらをクリック!

個別説明会&VR体験会【平日限定】

時 間: 60〜90分(13:00 〜 17:00)
場 所: 中目黒VRサロン(東横線・日比谷線 中目黒駅徒歩2分)
申込み: こちらをクリック!

VRデザイン研究所の5つの活動

日本のVRマーケットを盛り上げるために5つの活動を推進しています
  1. 「VRプロフェッショナルアカデミー」即戦力のVRエンジニアを育成するスクールの運営。
  2. 企業向けVRビジネスの研究会「VRビジネスフォーラム」の企画・運営。
  3. 一般向けVR体験会「VRフェス」の企画・運営。
  4. 「VRエクスペリエンスラボ」VR/AR/MRコンテンツの企画・受託開発。
  5. VR情報専門誌「VRランナー」の編集・発行。
Return Top