VRエキスパートコース | VRプロフェッショナルアカデミー/日本唯一VR専門プログラミングスクール

VRエキスパートコース

Top  >   コース一覧  >   VRエキスパートコース

C言語系、またはJava系のプログラミング学習経験、または、Unityの学習経験のある方が、
VRソフト開発のためのプロフェッショナルな知識と技術を修得するためのコースです。
VR先進企業の現役VRエンジニアの講師から、現場で培われた最新のVRソフト開発のノウハウや実践的な技術を学習することが出来ます。

つのポイント

  • 学べる

    • 最新VRソフト開発ノウハウ
    • より深いUnity機能の理解
    • Git、管理ツールを用いた開発
  • 創れる

    • チームによるプロジェクト学習
    • ハッカソンでの短期集中開発
    • オリジナルVRソフトの開発
  • 魅せる・拡げる

    • 企業に向けたソフトプレゼン
    • 展示会イベントへの出展
    • 開発したコンテンツのリリース

VRエキスパートの特徴

VRエキスパートコースは即戦力のエンジニアとなるための技術を取得するために下記環境を用意しています。

プロによる講義

VR開発の第一線で活躍している現役VR開発者が講師。技術の進化が早いVR技術において常に最新の技術を学ぶことが出来ます。

仮想プロジェクト学習

ビジネスユースを意識した仮想プロジェクトによる学習で、実際のVR技術の利用や応用例についても合わせて学習することが出来ます。

オンラインサポート

受講期間中はグループウェアを用いたオンラインサポートを用意。講座日以外の学習に関する質問に講師がサポートする体制を用意しています。

チーム開発

VRソフト開発はチームを組んで開発するケースが多い業界です。よって課題や演習といった様々な事をチームを組んでトライし、チーム開発の経験を積みます。

コードレビュー

より良いコーディングを行うために独自のシステムを用意、実装したコードをお互いにレビューしあい、より良いコーディングが出来るように学習が出来ます。

オリジナルソフトの作成

講義でインプットするだけでなく、オリジナルVRソフトの開発を行うことでアウトプットを行い、より確実な技術の定着を図ります。

カリキュラム一部紹介

VRにおける入力の実装・VR空間での移動

現在のVRコンテンツの入力機能は視線を使った操作や専用のコントローラーを使った入力など 様々な入力方法が存在します。本講座ではその中で代表的な視線と専用のコントローラーを使った入力処理の実装。 そして最新のハンドトラッキングを使った入力と移動処理の実装について学習します。

VR酔い対策と没入感を高めるための工夫

VRソフト開発においてVR酔い対策は必須の項目です。現在までの様々なVRソフト開発の事例からどのようにしてVR酔いを防ぐのか、そのノウハウについて 学習します。またより没入感を高めるための工夫についても最新の事例やベストプラクティスを元に学習します。

VRサウンドデザイン

より良いVRソフト開発において立体感のあるサウンドの実装は必要不可欠です。しかしサウンドに関する記事は少なく、 特にVRサウンドについてはほとんどありません。そこで3Dオーディオの定義から様々な音源と再生方式、その特徴を学び、 より適したVRサウンドの選択と実装方法について学習します

VRエキスパートコース学習のながれ

  • 受講期間前

    受講期間前の学習サポート

    申込み手続き完了後、講座が始まる前までのUnity事前学習をご案内します。
    また事前学習中はメールでの質問に対応しています。
    入学前までにUnityの基本的機能や知識を復習してもらいます。

    入学
  • 1ヶ月目

    Unity復習

    Unityの基本の機能を復習

    主に体験・学習する要素
    Unity機能復習 
    Event、Action、Delegat 
    Unityプログラムのデザインパターン 
    Gitを使ったUnityプロジェクトの管理
  • 2ヶ月目

    VRソフト開発の知識と実装

    VRソフトを開発する上での一般的な知識と実装方法について、制作ワークフローから入力処理、VR酔い対策等を学習します。

    主に体験・学習する要素
    VRコンテンツ制作ワークフロー 
    VR空間のスケール設計 
    VR空間においてのUIデザイン 
    VRコンテンツ上でのシーン遷移 VRにおける入力の実装 
    VR空間での移動処理の実装 
    VR酔いと対策 
    Photonを用いたオンライン機能の実装
    クラスや講師との会話ツールとして専用チャットを用意
  • 3ヶ月目

    グラフィックとサウンドと最適化

    Unity開発時のプロファイリングの利用や最適化。より良いVRソフトを開発するためのグラフィックとサウンドの知識と技術を学びます。

    主に体験・学習する要素
    より良いVR表現の為の開発ポイント 
    VRのためのライティング講座 
    ポストプロセスを利用したグレーディング処理とエフェクトの実装方法 
    没入感を高めるためのサウンドデザイン 
    Profiler機能の利用方法と見るべきポイント 
    Profiler情報を元にした最適化と、実装方法
  • 4ヶ月目

    パーティクル、AI学内発表会

    演出を強化するためのパーティクルやML-Agentsを使ったAIの実装等、最新のUnity機能について学習します

    主に体験・学習する要素
    Unity Shader Graph 
    Visual Effect Graphを用いたパーティクル制作 
    VR×AI ML-Agents入門 
    学内発表会
    学内発表会でのフィードバック内容を元に更に作品をブラッシュアップ
  • 5ヶ月目

    オプション講座とVRフェス

    オプション講座とは学習期間中に発表されたホットな技術などを学習する講座です。 またVRソフトのブラッシュアップを行い、一般向け修了制作発表会 VRフェスへの出展を目指します。

    主に体験・学習する要素
    AR Foundationを利用したARアプリの作成 
    MRTKを用いたHoloLens向けアプリの開発方法 
    オリジナルVRソフトのブラッシュアップ 
    VRフェスへの出展
    VRフェスへ出展し、一般の方に体験してもらおう!
  • 修了

    自作オリジナルVRソフトの公開

    東京ゲームショウ
    東京ゲームショウでの作品展示

    毎年9月に開催され、全4日間に及ぶ日本最大のゲーム展示会イベントへの作品展示

    Virtual Gate
    『VIRTUAL GATE』での作品配信

    大手ネットカフェに展開中のVR配信プラットフォーム『VIRTUAL GATE』での配信

Unity認定プログラマー資格が取得出来る

Unity認定プログラマーはUnityを使用したプログラミングの実務経験が2年以上 ある方を対象とした国際資格です。本試験に合格することで、実務レベルのUnityを用いたソフト開発が出来ることを証明することが出来ます。 エキスパートコースでは受講期間中の3ヶ月間でエキスパートコースに合格出来るレベルのUnityを用いたソフト開発技術を学ぶことが出来ます。

資格で証明出来る能力
  • プロフェッショナルなソフトウェア開発プロセスの中でプログラミングの手腕を発揮し、Unityを使用したソフトの作成と保守を行うことが出来る
  • 技術的なプロセスに適正があり、論理思考で優れた能力を持っている
  • ルーチンから中級レベルまでのプログラミングタスクを独力で処理し、上級エンジニアと組んで複雑な技術上の課題に対処するように委託出来る

ゴールイメージ

  • 現役開発者による最新のVR開発ノウハウが学べる
  • 作りたいVRソフトを開発するための必要な知識が身につく
  • チームによるVRソフト開発の経験が出来る
  • Gitや管理ツールを使ったプロジェクト管理方法について学べる
  • 独自のコードレビューシステムにより、より良いコーディング技術が身につく

コース概要

期間 2020/10/10~2021/3/6(土)
【5ヶ月間 計21回】
時間 毎週土曜日13:30〜16:30(スクーリング)
対象者 Unity学習経験者(参考書を学習した程度)
C言語系、またはJava系のプログラミング学習経験
定員 20名
入学金 5万円
受講料 <一括払い>
一般:29万8千円
学生:24万8千円

<分割支払>
一般:月々5万円~
学生:月々4万円~
特典 アプリ開発コンペ無料参加
HMD無料貸出
VRフェス出展料無料
スポンサーチャレンジ

※上記料金には消費税が含まれていません。
※分割支払いは5回を上限としております。また別途手数料がかかります。