【2024年4月生】VRエキスパートコース | VRプロフェッショナルアカデミー/No1.VR/AR専門プロフェッショナルスクール

【2024年4月生】VRエキスパートコース

Top  >   コース一覧  >   【2024年4月生】VRエキスパートコース


VRエキスパートコースは、Unityの学習経験のある方やC言語系・Java系等のプログラミング経験者を対象にした5ヵ月間の中級コースです。
VRアプリ開発のためのプロフェッショナルな知識と技術を修得するための実践コースです。
講師は100%VR先進企業の気鋭の現役エンジニア。企業の開発現場で培われた最新のVRアプリ開発のノウハウや
実践的なスキルを学習することができます。



~本コースで学習する6つのスキル~

VRエキスパートコースではVRエンジニアとしてのスキル習得として主にシステム開発とネットワーク。
そしてテストに関するスキルの習得を目指します。


  • VR企画設計
  • プロジェクト設計と管理
  • VRアプリ開発
  • スクリプトデザインパターン
  • ネットワーク通信
  • テスト・デバッグ

Meta Quest 3 で始まる新しい世界を学ぼう

Meta Quest 3は、2023年10月10日に発売された、Metaの最新のVRヘッドセットです。
2020年に発売されたQuest 2から大幅な進化を遂げており、その中でも特に注目すべきポイントは以下の3つです。

1.性能の大幅向上

Qualcomm社最新チップであるSnapdragon XR2を搭載。Quest 2の約2倍の性能を実現しています。これにより、より高解像度・高フレームレートの映像を表示できるようになり、より没入感の高いVR体験が可能になります。また、AI処理の性能も向上したことで、トラッキングやレンダリングなどのパフォーマンスが向上しています。

2.軽量化と薄型化

Quest 3は、Quest 2から約40%薄型化されました。これにより、装着時の負担が軽減され、より快適に使用できるようになりました。また、バッテリーの持ちも向上しています。その結果長時間装着していても疲れにくくなりました。

3.パススルー機能の強化

Quest 3は、パススルー機能の強化により、現実世界をより自然に表示できるようになりました。これにより、VRの世界と現実世界をシームレスに切り替えて利用できるようになり、現実空間とVR空間を混ぜた新しいMR(複合現実)表現が実現できるようになりました。

ビジネス活用されるVR事例紹介

教育とトレーニング

VR技術は教育やトレーニングでの利用が進んでいます。生徒や専門家は現実に近い体験をベースに、解剖学や高所作業といった危険な状況での訓練が手軽に体験可能です。また、文化的な場所や歴史的なイベントの再現も可能で、場所に縛られずリアルな体験をすることもできます。VRを活用することで、利用者は手軽な方法で効果的な学習環境を提供することができます。

設計とビジュアライゼーション

デザイナーは仮想空間で建物や製品のデザインを詳細に検討し、現実的な視覚的な体験を得ることができます。これにより、デザインの問題や改善点を早期に特定し、コストと時間を節約することができます。また、体験時にリアルタイムでフィードバックを受けることで、要件や要望を正確に把握し、デザインプロセスをスムーズに進めることができます。さらに、VR技術は製品開発やマーケティングにも応用することが可能です。VR技術は設計やビジュアライゼーションの分野に効率的なコミュニケーションや創造的なプロセスを提供しています。

メタバース・バーチャル会議

メタバースは仮想空間を通じて社会的な交流やビジネス活動が行われ、仮想のアバターを通じた対話や仮想世界内での体験が可能です。バーチャル会議では、参加者が仮想空間に集まり、リアルな会議やコラボレーションを行います。リアルタイムの音声やビデオ通話、3D空間内でのプレゼンテーションやディスカッションなどが行われ、遠隔での効果的なコミュニケーションが実現されます。VR技術は遠隔コラボレーションの手段として有効であり、時間や場所の制約を超えた仮想的な共同作業や会議を可能にします。

VRエキスパート学習カリキュラム紹介①
~プロジェクト教材を用いた学習~

PLATEU等の都市データを活用したコンテンツ制作手法

高精細な3DCGや大規模な3DデータをVRで表示するには、3DCGデータのリダクション処理や、限られた計算リソースの中で有効に3DCGコンテンツを描画するためにグラフィックスの最適化を実施する必要があります。本プロジェクトでは国土交通省が公開している3D都市モデルの「PLATEU」を活用したVRコンテンツ開発の制作を通してVRアプリにおけるグラフィックス描画のポイントを学習します。

Copyright© MLIT Japan. All Rights Reserved.

実案件から見るVRトレーニングアプリ開発手法

VRアカデミーの開発部門が実際に案件として受託して開発を行った、VRトレーニングアプリ開発のプロジェクトをベースに、教育・トレーニング向けアプリ開発を進めるに当たっての重要なポイントと必要なスキルについて学習します。また効率的な開発を進めるために必要なスクリプトデザインやGitを用いたプロジェクト管理術等についても合わせて学習を行います。

マルチプレイコンテンツ開発

メタバースに代表される複数人のアバターが同一VR空間に入り、位置動機、インタラクション共有、ボイスチャット機能を実現するにはネットワークライブラリを活用する必要があります。PhotonやMirrorといった様々なサービスの特徴を比較し、マルチプレイヤー通信を実装するためのネットワーク設計の仕組み。そして実装方法の基礎技術について学習します。

どんなスキルを学ぶことが出来る?

  • Unityのプロジェクト設計とタスク管理の方法が学べる
  • 最新のVR開発手法を学ぶことが出来る
  • Unity・VRでのスクリプト・グラフィックスの最適化手法を学ぶことが出来る
  • コード設計を意識したスクリプトデザインを学ぶことが出来る
  • Unity・VRでのネットワーク通信の基礎技術を学ぶことが出来る
  • Unity・VRでのテストの方法、デバッグの仕方を学ぶことが出来る

VRエキスパートコース学習の
流れ


  • 1ヶ月目

    最新版
    XRコンテンツ開発
    ワークフローの学習

    最新の開発SDKを利用した業界基準のVRコンテンツ開発ワークフローを学習します
    また開発内容に合わせた適切なVR開発環境の構築及び設定方法について学びます

    1ヶ月目

    〈Input〉
    学習する内容
    次世代ヘッドセットを見据えた、XR Interaction Toolkitを用いたVRアプリ開発手法

    ハードウェア特性と目的に合わせた適切なUnityプロジェクトの設定の方法

    MRTK3を利用したOprnXR準拠のVRアプリ開発とツールキットの利用方法

    VRならではのTracking・UI・インタラクション処理の実装


  • 2ヶ月目

    企画・プロジェクト設計と管理

    3次元空間で構成されるVRコンテンツならではの企画の建て方と設計のフローについて学習します。
    また。個人またはチームで開発を進めるためのGit・GitHubを用いたUnityプロジェクトのバージョン管理とデータ共有の方法について学習します。

    〈Input〉
    学習する内容

    VRならではの企画の建て方

    イメージボード・絵コンテを用いたシナリオ設計

    Git・GitHubを用いたバージョン管理とプロジェクト共有の方法

    チーム開発におけるタスク管理の方法

    アジャイル・リーン開発手法

    〈アフタースクール〉
    学長塾

    VRエキスパートコースでは学長によるマンツーマンの開発フィードバッグを受けることができます。

     VRプロフェッショナルアカデミー学長 株式会社桜花一門 高橋建滋
  • 2ヶ月目

    企画・プロジェクト設計と管理

    3次元空間で構成されるVRコンテンツならではの企画の建て方と設計のフローについて学習します。
    また。個人またはチームで開発を進めるためのGit・GitHubを用いたUnityプロジェクトのバージョン管理とデータ共有の方法について学習します。

    〈アフタースクール〉
    学長塾

    VRエキスパートコースでは授業終了後に、学長によるマンツーマンの開発フィードバッグを受けることができます。

    〈Input〉
    学習する内容

    VRならではの企画の建て方

    イメージボード・絵コンテを用いたシナリオ設計

    Git・GitHubを用いたバージョン管理とプロジェクト共有の方法

    チーム開発におけるタスク管理の方法

    アジャイル・リーン開発手法


  • 3ヶ月目

    イベント管理とスクリプトデザインパターン

    シナリオ遷移のある複雑な展開を作りたい。サーバーからデータをダウンロード・アップロードしたい。メンテナンス性のあるコードを書きたい。という場合にはスクリプトデザインや非同期処理についての学習が必須です。代表例として非同期処理やイベント駆動型開発手法について学習します。

    〈Input〉
    学習する内容

    スクリプトデザインパターン

    UniRXを用いたイベント駆動型開発の方法

    UniTaskを用いた非同期処理の実装

    UnityによるRestfulなHTTP通信の実装

    VR酔いのメカニズムと対策

    〈Output〉
    XRハッカソン

    全コース合同で開催。企業から出題された課題に対して、少人数のチームに分かれ、約2週間でVRアプリを制作する全コース合同のチーム開発競争です。エキスパートコース生はチームリーダーとしてプロジェクト開発のマネジメントを経験します。

    Vアカプレゼンに向けて作品制作を開始
  • 3ヶ月

    イベント管理とスクリプトデザインパターン

    シナリオ遷移のある複雑な展開を作りたい。サーバーからデータをダウンロード・アップロードしたい。メンテナンス性のあるコードを書きたい。という場合にはスクリプトデザインや非同期処理についての学習が必須です。代表例として非同期処理やイベント駆動型開発手法について学習します。

    〈Output〉
    XRハッカソン

    全コース合同で開催。企業から出題された課題に対して、少人数のチームに分かれ、約2週間でVRアプリを制作する全コース合同のチーム開発競争です。エキスパートコース生はチームリーダーとしてプロジェクト開発のマネジメントを経験します。

    〈Input〉
    学習する内容

    スクリプトデザインパターン

    UniRXを用いたイベント駆動型開発の方法

    UniTaskを用いた非同期処理の実装

    UnityによるRestfulなHTTP通信の実装

    VR酔いのメカニズムと対策

    Vアカプレゼンに向けて作品制作を開始


  • 4ヶ月目

    マルチ通信とクラウド連携の実装

    ネットワーク通信の発展として、アバター同期や音声同期、インタラクション処理といった様々な情報を通信するマルチ通信の実装を学習します。またVRのFPSを改善するためのパフォーマンス・チューニングの調査と修正方法について学習します。

    〈Input〉
    学習する内容

    マルチプレイ通信処理の基本設計と特徴

    Photonを活用したマルチプレイ通信の実装方法

    クラウドサービスを活用したVRアプリ開発の方法

    クラウドAIを活用したVRアプリ開発実践

    Unityパフォーマンス・チューニング

    〈Output〉
    Vアカ・プレゼン

    VRエキスパートコースのVアカ・プレゼンは、ハッカソン後からオリジナルのVRアプリを企画し、VRフェスまでの約2ヵ月間で開発する学内中間発表会です。受講生同士でお互いの作品のフィードバッグを行い、更に良くするための改善点を指摘し合います。

    VRフェスに向けて作品をブラッシュアップ

  • 4ヶ月

    マルチ通信とクラウド連携の実装

    ネットワーク通信の発展として、アバター同期や音声同期、インタラクション処理といった様々な情報を通信するマルチ通信の実装を学習します。またVRのFPSを改善するためのパフォーマンス・チューニングの調査と修正方法について学習します。

    〈Output〉
    Vアカ・プレゼン

    VRエキスパートコースのVアカ・プレゼンは、ハッカソン後からオリジナルのVRアプリを企画し、VRフェスまでの約2ヵ月間で開発する学内中間発表会です。受講生同士でお互いの作品のフィードバッグを行い、更に良くするための改善点を指摘し合います。

    〈Input〉
    学習する内容

    マルチプレイ通信処理の基本設計と特徴

    Photonを活用したマルチプレイ通信の実装方法

    クラウドサービスを活用したVRアプリ開発の方法

    クラウドAIを活用したVRアプリ開発実践

    Unityパフォーマンス・チューニング

    VRフェスに向けて作品をブラッシュアップ

  • 5ヶ月目

    MRアプリ開発とテスト・デバッグ手法

    カラーパススルーを活用したMRコンテンツ開発の方法とテストランナーを活用したテストコードの実装方法について学習します。

    〈Input〉
    学習する内容

    MRならではのUI・UXデザイン

    プロジェクトテスト・デバッグの方法

    Unity Profillerを活用したデバッグ手法

    テストランナーを活用したテストコードの実装


    〈Output〉
    Vアカ・オーディション

    Vアカ・オーディションは、オリジナルVRアプリを企業向けにプレゼンし、体験会そして審査会を行うイベントです。優秀作品には各賞が授与され、東京ゲームショウへの出展の権利が得られます。

    VRフェス

    VRフェスは、制作したオリジナルVRアプリを一般の方々に体験していただく修了制作作品発表会です。卒業生の作品からVR先進企業の作品まで体験できる合同一般公開イベントです。

  • 5ヶ月目

    MRアプリ開発とテスト・デバッグ手法

    カラーパススルーを活用したMRコンテンツ開発の方法とテストランナーを活用したテストコードの実装方法について学習します。

    〈Output〉
    Vアカ・オーディション

    Vアカ・オーディションは、オリジナルVRアプリを企業向けにプレゼンし、体験会そして審査会を行うイベントです。優秀作品には各賞が授与され、東京ゲームショウへの出展の権利が得られます。

    VRフェス

    VRフェスは、制作したオリジナルVRアプリを一般の方々に体験していただく修了制作作品発表会です。卒業生の作品からVR先進企業の作品まで体験できる合同一般公開イベントです。

    〈Input〉
    学習する内容

    MRならではのUI・UXデザイン

    プロジェクトテスト・デバッグの方法

    Unity Profillerを活用したデバッグ手法

    テストランナーを活用したテストコードの実装


コース概要

期間 2024/4/20 ~ 2024/9/14
【5ヶ月間 全21回】
時間 毎週土曜 11:00〜14:00 (3時間)
受講方法 スクーリング対面授業、またはオンライン受講を選択できます
対象者  Unity学習経験者、C言語系、またはJava系のプログラミング学習経験者、
定員 20名
会場 XR施設『NEUU』
(新宿駅西口から徒歩3分)
入学金 50,000円(55,000円 税込)
※キャンペーンに参加して割引特典をGETしよう!
受講料 〈一括支払〉
一般:298,000円(327,800円 税込)
学生:248,000円(272,800円 税込)
〈分割支払〉
一般:月々5万円~
学生:月々4万円~(2~6分割支払あり)
特典 ・無料Unity事前学習LMS
・Unity認定試験用コースウェア割引
・アプリ開発オーディション無料参加、
・VRフェス出展料無料
・転職サポート

※分割支払いやクレジットカード支払いも可能です。詳しくはオンライン無料個別相談会へ。
※会場は変更になる場合があります。

~オンラインで個別に相談したい方~

~申込者4千円割引 実施中~

こんな方にオススメ

  • 最新の最先端VR開発スキルを学習したい方
  • VRエンジニアとしてVR開発企業に就職・転職したい
  • VR先進企業のプロの現役エンジニアに教えてもらいたい方
  • 既にUnityの学習経験やプログラミングの実務経験がある方
  • 転職のためのポートフォリオを作成したい方

スクーリング対面授業・
オンライン受講

選択出来るハイブリット形式

対面授業によるスクーリング受講だけでなく、ライブ配信によるオンライン受講が毎週選択できます。
授業終了後、サポートタイムも用意。オンライン受講でも授業後の質疑応答や学生同士で交流を図ることができます。


事前準備教材

〈Meta Quest 2〉

※キャンペーンに参加して無料貸出特典をGETしよう!

© 2021 meta
 

Metaより発売されている最新VRゴーグル。ケーブルレスで外部センサーも不要で6Dofのコンテンツ体験が可能です。更にハンドトラッキング機能が搭載されるなど常に最先端の技術が導入されています。

CPU Qualcomm Snapdragon XR2
解像度 片目:1,832×1,920
ストレージ 128GB、256GB

〈ノートPC〉

 

Copyright © 2021 Micro-Star INT’L CO., LTD. All rights reserved. Product「GE75 Raider」

VRアプリ開発を効率よくすすめるためはグラフィックボード(GPU)を搭載した高グラフィックなCGを描画することが出来るPCが必要です。当校で推奨しているPCスペックは下記です。

CPU Core i7以上
GPU NVIDIA GeForce RTX3060以上
メモリ 16GB以上

2/29(木)まで!7周年キャンペーン実施中

お申し込みの方にはキャンペーンを実施中です!
他にも更なる特典を用意。
詳しくは無料オンライン相談会・オープンキャンパスにお申込みください。