ARエキスパート講座 | VRプロフェッショナルアカデミー/日本唯一VR専門プログラミングスクール

ARエキスパート講座

Top  >   コース一覧  >   ARエキスパート講座

ARエキスパート講座は、プログラミング経験者の方やUnity学習経験者を対象に、
Unityを用いた実務レベルの案件を想定したARアプリ開発技術を学ぶ中級コースです。
特にエンジニアとしてARに関する仕事に取り組みたい方やオリジナルのARアプリを開発したい方にオススメの内容です。

つのポイント

  • 社会人・学生対象

    • 毎週日曜午後に講義
    • ビジネスを意識したカリキュラム
    • AR技術の現状が学べる
  • 実務レベルの技術講義

    • より複雑なARデータの取得と解析
    • ARと外部サービスの連携
    • ARグラスアプリの作成
  • プロジェクト学習

    • ビジネスユースを想定した教材
    • より具体的な技術の活用法
    • オリジナルARアプリの作成

スクーリング受講・オンライン受講が選択出来る

直接会場に行くスクーリング受講だけでなく、Zoomを利用したオンライン受講が選択可能です。 授業終了後に自由に質問が出来る時間を用意。授業中に質問出来なかった内容等を気軽に質問することが出来ます。

Copyright ©2020 Zoom Video Communications, Inc. All rights reserved.

ARエキスパートの特徴

ARビギナー講座はARアプリ開発の概要と基礎を効率よく学習するために下記環境を用意しています。

プロによる講義

VR開発の第一線で活躍している現役VR開発者が講師。技術の進化が早いVR技術において常に最新の技術を学ぶことが出来ます。

仮想プロジェクト学習

ビジネスユースを意識した仮想プロジェクトによる学習で、実際のVR技術の利用や応用例についても合わせて学習することが出来ます。

オンラインサポート

受講期間中はグループウェアを用いたオンラインサポートを用意。講座日以外の学習に関する質問に講師がサポートする体制を用意しています。

より深いAR機能の学習

代表的なAR機能の利用だけでなく、特徴点情報や環境光による擬似プローブ等、より複雑な情報や機能を使った開発技術を学ぶことが出来ます。

他技術との連動

AR単体の技術だけでなく、クラウドやAIといった技術と組み合わせることでよりビジネスユースを意識したアプリ開発について学びます。

オリジナルソフトの作成

講義でインプットするだけでなく、オリジナルVRソフトの開発を行うことでアウトプットを行い、より確実な技術の定着を図ります。

学習内容一部紹介

より複雑なAR機能の利用

点群情報の取得や加工、プローブ、FaceTrackingなどより複雑な機能について学びます。


ARとクラウド連携アプリの作成

クラウドサービスと組み合わせることで、AR技術単体では出来ないより複雑な機能の実装にトライします。

HoloLens2アプリ開発

ARグラスの代表格であるHoloLens2を用いたアプリ開発の方法について学習します。

© Microsoft 2020



ARを使った技術トレーニングアプリの作成

工事や製造といった様々な業務でのARを利用した業務支援アプリの事例を学習し、そして上記アプリを作るための基本的な設計と技術について学びます。
※学習内容は変更になる場合があります。

ライブ配信を用いたオンライン受講

ARエキスパート講座ではZOOMを用いたオンラインによるライブ配信受講を選択することができます。遠方にお住まいの方でも最新のARソフト開発の技術を学ぶことが出来ます。また、グループワークなど様々な取り組みを行いますのでオンライン受講でも学生同士の交流を行うことが出来ます。

ゴールイメージ

  • ARアプリ開発の実践的スキルが学べる
  • 現場のプロによる最新開発スキルが学べる
  • ビジネスを意識したオリジナルのARアプリの開発概要が学べる
  • ARをより活用するための様々な付加技術について学べる
  • 自身のオリジナルARアプリが開発出来る

コース概要

期間 2020/12/6~2021/2/27(3ヶ月、全12回)
時間 13:30~16:30(3時間)
受講方法 スクーリング、またはオンラインを選択
対象者 Unity学習経験者
プログラミング経験者
定員 20名
出願料 なし
選考 なし
入学金 30,000円
受講料 198,000円
学生148,000円
参加条件 なし
特典 アプリ開発コンペ無料参加、
VRフェス出展料無料

※上記料金には消費税が含まれていません。