ARエキスパートコース | VRプロフェッショナルアカデミー/日本唯一VR専門プログラミングスクール

ARエキスパートコース

Top  >   コース一覧  >   ARエキスパートコース

ARエキスパートコースは、プログラミング経験者の方やUnity学習経験者を対象に、
Unityを用いた実務レベルの案件を想定したARアプリ開発技術を学ぶ中級コースです。
特にエンジニアとしてARに関する仕事に取り組みたい方やオリジナルのARアプリを開発したい方にオススメの内容です。

注目が集まるAR技術

AR技術はAppleやGoogleをはじめ、多くのIT企業がAR技術の開発に力を注いでいます。日本でも携帯キャリアを中心にAR技術を使ったスマートグラスの開発会社に出資や業務提携を結ぶなど、スマートフォンに代わる次世代デバイス技術として多いに注目されている技術です。VRプロフェッショナルアカデミーでは最新のARアプリ開発技術が学べる環境を用意しており、様々な問題を解決するためのコンテンツを生み出す人を増やすためのコースを提供しています。

活用事例紹介

【検証】家具・大型機器設置、内装シミュレーション 

寸法だけではイメージが難しい家具や大型機器といった製品を、自宅や工場に設置した際の大きさの検証をAR空間上でシミュレーションすることが出来ます。また、新規でオープンするショップや既存店舗のリニューアル等といったケースにおいても、実際に商品を購入する前に事前にAR空間上で検証することで、コストとスピードを意識した検証を行うことが出来ます。

【ショッピング】AR機能搭載モバイルEコマースアプリ

今まで画像や動画でしか説明出来なかった商品の特徴をAR技術を用いることで立体的に且つリアルに商品の特徴をPRすることが出来ます。これにより今までに表現出来なかった実際の大きさや、顧客体験を低卿することが出来るようになります。

【教育】AR授業

科学や数学といった、今までの教科書の中で説明していた3次元上の世界を、AR技術を使うことで3次元的に、より直感的に理解するのを促進することが出来ます。また、ARコンテンツの中にインタラクティブな機能を実装することで、受動的ではない、アクティブ・ラーニングとしての学習に期待が持たれています

今までにこんな方が受講しています。

  • 自動車会社のエンジニア > 自社で開発しているシステムをAR上で表示したい
  • 電気メーカーの研究員 > 最新のAR開発技術について知見を得たい
  • 携帯電話会社の新規事業担当者 > ベンダーに開発を依頼するために開発知識を身に着けたい
  • 介護施設の指導員 > 施術者のためのトレーニングアプリの開発がしたい
  • 大学の職員 >AR技術を用いた新しい教育手法を作りたい

つのポイント

  • 社会人・学生対象

    • 毎週日曜午後に講義
    • ビジネスを意識したカリキュラム
    • AR技術の現状が学べる
  • 実務レベルの技術講義

    • より複雑なARデータの取得と解析
    • ARと外部サービスの連携
    • ARグラスアプリの作成
  • プロジェクト学習

    • ビジネスユースを想定した教材
    • より具体的な技術の活用法
    • オリジナルARアプリの作成

スクーリング受講・オンライン受講が選択出来る

直接会場に行くスクーリング受講だけでなく、Zoomを利用したオンライン受講が選択可能です。 授業終了後に自由に質問が出来る時間を用意。授業中に質問出来なかった内容等を気軽に質問することが出来ます。

Copyright ©2020 Zoom Video Communications, Inc. All rights reserved.

ARエキスパートの特徴

ARエキスパートコースはARアプリ開発の概要と基礎を効率よく学習するために下記環境を用意しています。

プロによる講義

VR開発の第一線で活躍している現役VR開発者が講師。技術の進化が早いVR技術において常に最新の技術を学ぶことが出来ます。

仮想プロジェクト学習

ビジネスユースを意識した仮想プロジェクトによる学習で、実際のVR技術の利用や応用例についても合わせて学習することが出来ます。

オンラインサポート

受講期間中はグループウェアを用いたオンラインサポートを用意。授業日以外の学習に関する質問に講師がサポートする体制を用意しています。

より深いAR機能の学習

代表的なAR機能の利用だけでなく、特徴点情報や環境光による擬似プローブ等、より複雑な情報や機能を使った開発技術を学ぶことが出来ます。

他技術との連動

AR単体の技術だけでなく、クラウドやAIといった技術と組み合わせることでよりビジネスユースを意識したアプリ開発について学びます。

オリジナルソフトの作成

講義でインプットするだけでなく、オリジナルVRソフトの開発を行うことでアウトプットを行い、より確実な技術の定着を図ります。

学習内容一部紹介

より複雑なAR機能の利用

点群情報の取得や加工、プローブ、FaceTrackingなどより複雑な機能について学びます。

ARとクラウド連携アプリの作成

クラウドサービスと組み合わせることで、AR技術単体では出来ないより複雑な機能の実装にトライします。

HoloLens2アプリ開発

ARグラスの代表格であるHoloLens2を用いたアプリ開発の方法について学習します。

© Microsoft 2020

ARを使った技術トレーニングアプリの作成

工事や製造といった様々な業務でのARを利用した業務支援アプリの事例を学習し、そして上記アプリを作るための基本的な設計と技術について学びます。
※学習内容は変更になる場合があります。

ライブ配信を用いたオンライン受講

ARエキスパートコースではZOOMを用いたオンラインによるライブ配信受講を選択することができます。遠方にお住まいの方でも最新のARソフト開発の技術を学ぶことが出来ます。また、グループワークなど様々な取り組みを行いますのでオンライン受講でも学生同士の交流を行うことが出来ます。

ゴールイメージ

  • ARアプリ開発の実践的スキルが学べる
  • 現場のプロによる最新開発スキルが学べる
  • ビジネスを意識したオリジナルのARアプリの開発概要が学べる
  • ARをより活用するための様々な付加技術について学べる
  • 自身のオリジナルARアプリが開発出来る

カリキュラム

▼スクロールしてご覧ください

日付テーマ内容
112/06ARアプリ制作ワークフロー■ARアプリ制作ワークフロー ・ARアプリ開発最新事例紹介 ・ARアプリ制作ワークフロー
■AR Foundationについて ・AR Foundationとは ・AR Foundationの基本設計の理解 ・ARKit, ARCoreとの関連性
■AR機能実装 ・ARFoundationのインポート方法 ・シンプルなAR処理の実装方法 ・スマホアプリとしてビルド
212/13ARFoundationを用いた画像認識
ARFoundationを用いた平面認識
■画像認識 ・AR Tracked Image Managerについて ・マーカー画像登録方法 ・正確にマーカーを認識させる方法 ・マーカーの検知・非検知の検出方法 ・複数のマーカーとオブジェクトを紐付けする方法
■AR平面認識 ・ARPlaneManagerについて ・ARPlaneを用いたプロシージャルなCGの表示方法 ・平面認識を用いて一定空間を検出したらそこにCGを表示する方法
312/20ポイントクラウド(点群)の用い方、応用例■点群認識とは ・ARの点群認識機能の紹介 ・平面認識との違い
■点群認識の利用 ・点群認識した結果をアプリ上に表示する方法 ・点群情報を用いて距離を計測する方法
412/27オブジェクト認識を用いた立体物のトラッキングとAR表示■3Dオブジェクトトラッキング ・立体物のマーカー用データの作成方法 ・3Dマーカーデータを用いたオブジェクトトラッキング方法の実装
5, 601/10, 01/17ARでマニュアル表示、トレーニングアプリの作成■AR用3DUIの作成 ・Canvasを用いた3DUIの作成 ・TextMeshProを用いたUIの作成 ・ユーザーに対して垂直にUIを向かせる方法
■ARトレーニングアプリの作成 ・シンプルなオリジナルアニメーションの作成と再生 ・Unityでのフラグ管理、遷移処理の実装方法
7, 801/24, 01/31ARとクラウドを連携。Azure AIサービスを利用した人物認識■UnityWeb通信 ・UnityWebRequestを用いたAPI通信 ・Azureサービスの登録と利用方法 ・UnityでのJSONデータの扱い方
■Unityによるカメラ画像の利用 ・ARが利用するカメラ画像を利用する方法 ・画像データのバイナリ化、送信方法
9, 1002/07, 02/14HoloLens2アプリ開発ワークフロー HoloLens2アプリ開発ハンズオン■AR平面認識 ・HoloLens2アプリ開発制作ワークフロー ・MRTKを用いたHoloLens2アプリ開発の方法 ・ハンドトラッキング機能を用いた入力処理 ・音声認識の利用方法 ・Spatial Awarenessを用いた空間認識機能の実装
1102/21Unity MARSを活用したARコンテンツ開発方法■Unity MARS ・Unity MARSとは ・Unity MARSのインストールと利用方法 ・VR空間を用いたAR検証と実装
1202/27Vアカ・プレゼン■Vアカプレゼン ・オリジナルVRコンテンツの発表
※学習内容は変更になる場合があります。

コース概要

期間2020/12/6~2021/2/27(3ヶ月、全12回)
時間13:30~16:30(3時間)
受講方法スクーリング、またはオンラインを選択
対象者Unity学習経験者
プログラミング経験者
定員20名残席5名
入学金30,000円
受講料198,000円
学生148,000円
特典アプリ開発コンペ無料参加、
VRフェス出展料無料
準備物※PC、またはMac(Corei5以上 メモリ8GB以上) ・iPhoneの場合:必ずMacをご用意ください ・Andoroidの場合;MacまたはPCいずれかの環境をご用意ください。
※ARCore、またはARKitが動作するスマートフォン ・iPhoneの場合:6S以上。 Androidの場合、 ・Androidの場合:下記URLのアプリ「AR Core Elements」が実行可能である端末 https://play.google.com/store/apps/details?id=com.google.ar.unity.ddelements&hl=ja

※上記料金には消費税が含まれていません。

ブロックチェーンベース修了証明書

VRプロフェッショナルアカデミー修了時にはBlockcerts準拠のブロックチェーン証明書による修了証明書が授与されます。
「Blockcerts」はマサチューセッツ工科大学(MIT)のメディアラボとLearning Machine社(現在はHyland社傘下)との共同開発で生まれ、2017年10月にはBlockcertsを利用し、一部の学生にブロックチェーンベースの学位証明書が導入されています。
「Blockcerts」を利用したブロックチェーン卒業証明書では、Blockcerts Walletと呼ばれるアプリケーションを利用しており、生徒や卒業生はiOSおよびAndroidで、自身の学位証明情報や卒業証書を簡単に管理できるようになりました。
以下の教育機関がBlockcertsによる卒業証明書の発行を開始しています。
・ハーバード大学(アメリカ)
・ニューメキシコ州立大学(アメリカ)
・メルボルン大学(オーストラリア)
・マルタ大学(マルタ共和国)
・バーレーン大学(バーレーン)
・香港科学技術大学(香港)
・バーミンガム大学(イギリス)
その他にも、世界中の教育機関がBlockcertsによる学位証明の提供や、実証実験を進めています。 日本でも2018年に経済産業省が、文部科学省と共同でBlockcertsの教育機関への利用を発表しており、ブロックチェーン学位証明書を提供するための取り組みを行っています。