ARエキスパートコース | VRプロフェッショナルアカデミー/No1.VR/AR専門プロフェッショナルスクール

ARエキスパートコース

Top  >   コース一覧  >   ARエキスパートコース

ARエキスパートコースは、今後大きく発展が予測される
“ARスマートグラス”×”ARクラウド”を用いた最新のARアプリ開発を体系的に学習できる日本初のコースです。
最新MRデバイス「Magic Leap 1」×革新的ARクラウド「IMMERSAL」を活用した先進ARアプリ開発を学べます。
‟近未来クリエイティブ集団”1→10 (ワントゥーテン)が教材提供で協力。Magic Leap 1 一人一台無料貸出を実現!


ARスマートグラスとは?

ARスマートグラスとは、ARを体験するためのウェアラブル型の視覚ディスプレイを指しています。
当アカデミーでは、その中でも光学シースルー型で高性能な、
「Magic Leap 1」「Nreal Light」「HoloLens 2(ホロレンズ2)」に注目しています。

Copyright © 2018 – 2021 Magic Leap, Inc.

「Magic Leap 1(マジックリープ・ワン)」

Magic Leap 1は、米国Magic Leap社が開発したウェアラブルヘッドセットで、日本国内ではNTTドコモが販売しています。カメラや9つのセンサーを搭載し空間認識を行う316gのヘッドセット「Lightwear」と、ケーブルで繋がれたプロセッシングユニット「Lightpack」、そして6Dofの1コントローラーを組み合わせて空間コンピューティングを利用したコンテンツが楽しめます。

「Nreal Light (エンリアルライト)」

Nreal Lightは、中国Nreal社が開発したスマートグラスで、日本国内では、KDDIが販売しています。Nreal Lightは、重さは約106gで、USB Type-Cケーブルを5Gスマートフォンと接続して使用するタイプです。3基のカメラを内蔵し、6DoFのトラッキングを採用し、コントローラーはスマートフォンを使います。現実の風景に3つのアプリ等やデジタル映像を重ね合わせて表示できる「MRモード」と接続したスマホの画面がそのままグラス内に映し出される「ミラーモード」が特徴です。

© Hangzhou Tairuo Technology Co., Ltd. All rights reserved.

© Microsoft 2021

「HoloLens 2(ホロレンズ2)」

HoloLens 2は、米国Microsoft社が開発したホログラフィックコンピュータの2号機です。HoloLens 2は、スタンドアロン型で音声や手のジェスチャーによってホログラムを動かすことができます。また、高性能カメラ・センサーが空間を三次元認識し、ホログラムを適切な位置に表示します。この空間認識の精度が高いことが特徴です。当アカデミーは既に「HoloLens 2アプリ開発講座」を5回開催して好評をいただいております。詳しくは、こちらをご覧ください。⇒https://vracademy.jp/course/mr/

ARスマートグラスとは?

ARスマートグラスとは、ARを体験するためのウェアラブル型の視覚ディスプレイを指しています。当アカデミーでは、その中でも光学シースルー型で高性能な、「Magic Leap 1」「Nreal Light」「HoloLens 2(ホロレンズ2)」に注目しています。

「Magic Leap 1」

Magic Leap 1は、米国Magic Leap社が開発したウェアラブルヘッドセットで、日本国内ではNTTドコモが販売しています。カメラや9つのセンサーを搭載し空間認識を行う316gのヘッドセット「Lightwear」と、ケーブルで繋がれたプロセッシングユニット「Lightpack」、そして6Dofの1コントローラーを組み合わせて空間コンピューティングを利用したコンテンツが楽しめます。

Copyright © 2018 – 2021 Magic Leap, Inc.

「Nreal Light」

Nreal Lightは、中国Nreal社が開発したスマートグラスで、日本国内では、KDDIが販売しています。Nreal Lightは、重さは約106gで、USB Type-Cケーブルを5Gスマートフォンと接続して使用するタイプです。3基のカメラを内蔵し、6DoFのトラッキングを採用し、コントローラーはスマートフォンを使います。現実の風景に3つのアプリ等やデジタル映像を重ね合わせて表示できる「MRモード」と接続したスマホの画面がそのままグラス内に映し出される「ミラーモード」が特徴です。

© Hangzhou Tairuo Technology Co., Ltd. All rights reserved.

「HoloLens 2」

HoloLens 2は、米国Microsoft社が開発したホログラフィックコンピュータの2号機です。HoloLens 2は、スタンドアロン型で音声や手のジェスチャーによってホログラムを動かすことができます。また、高性能カメラ・センサーが空間を三次元認識し、ホログラムを適切な位置に表示します。この空間認識の精度が高いことが特徴です。当アカデミーは既に「HoloLens 2アプリ開発講座」を5回開催して好評をいただいております。詳しくは、こちらをご覧ください。⇒https://vracademy.jp/course/mr/

© Microsoft 2021




ARクラウドとは?

ARクラウドとは、現実世界に対してユーザーがリアルタイムにデータを書き込み、またそれを別のユーザーも読み込むことができる技術をARクラウドと呼びます。データにはテキスト、画像、映像、音声・サウンド等などが含まれます。またそのデータはその場所に保存しておくことができます。
ARクラウドは、変化し続けるデジタル情報をその場から読み取ることができます。こうしたARクラウドを利用すれば、エンタメ・ゲームばかりでなく、販促・プロモーションをはじめ様々な産業分野で活用され、現実世界を大きく変革するでしょう。

「IMMERSAL(イマーサル)」

IMMERSALはフィンランドのImmersal社が開発したARクラウドプラットフォームです。IMMERSALの無料のスマホのアプリを利用して、ユーザーが実際の場所を歩きながらスマホカメラ画像をキャプチャし、各画像にGPSと方向データをタグ付けします。そして、屋内または屋外の場所など複数の画像からAR認識ポイントマップを作成し、その時点でマップの一部としてグローバルに共有されますユーザーは、世界中のマップに持続するARオブジェクトとナビゲーションなどを見ながらエリアを移動することができます。また、開発者はIMMERSALのSDKを使用して、様々なARの共有体験を作成できます。

© 2020 Immersal. All rights reserved.


Copyright © 2015-2021 Niantic, Inc. All Rights Reserved.
©2021 Rhizomatiks.

「 Niantic Lightship (ライトシップ)」

Niantic Lightship ARDKとは、米国Niantic社のAR開発キットです。没入感をもたらすユニークなARアプリケーションの作成ができるマッピングや共有、地球規模のAR体験の業界標準ツールとなるべく開発されました。Nianticが開発した『 Ingress 』や『 Pokémon GO 』や開発中の『ピクミン』などのタイトルを動かす一連のツールやサービスを含めた Niantic のプラットフォーム全体をカバーしています。また、このSDKは、開発者がマルチプレイヤー体験を作成し、深度、物理、オクルージョンなどを用いて、リアルなAR体験を実現するパワフルなツールセットです。

ARクラウドとは?

ARクラウドとは、現実世界に対してユーザーがリアルタイムにデータを書き込み、またそれを別のユーザーも読み込むことができる技術をARクラウドと呼びます。データにはテキスト、画像、映像、音声・サウンド等などが含まれます。またそのデータはその場所に保存しておくことができます。ARクラウドは、変化し続けるデジタル情報をその場から読み取ることができます。こうしたARクラウドを利用すれば、エンタメ・ゲームばかりでなく、販促・プロモーションをはじめ様々な産業分野で活用され、現実世界を大きく変革するでしょう。

「IMMERSAL」

IMMERSALはフィンランドのImmersal社が開発したARクラウドプラットフォームです。IMMERSALの無料のスマホのアプリを利用して、ユーザーが実際の場所を歩きながらスマホカメラ画像をキャプチャし、各画像にGPSと方向データをタグ付けします。そして、屋内または屋外の場所など複数の画像からAR認識ポイントマップを作成し、その時点でマップの一部としてグローバルに共有されますユーザーは、世界中のマップに持続するARオブジェクトとナビゲーションなどを見ながらエリアを移動することができます。また、開発者はIMMERSALのSDKを使用して、様々なARの共有体験を作成できます。

© 2020 Immersal. All rights reserved.

「Niantic Lightship」

Niantic Lightship ARDKとは、米国Niantic社のAR開発キットです。没入感をもたらすユニークなARアプリケーションの作成ができるマッピングや共有、地球規模のAR体験の業界標準ツールとなるべく開発されました。Nianticが開発した『 Ingress 』や『 Pokémon GO 』や開発中の『ピクミン』などのタイトルを動かす一連のツールやサービスを含めた Niantic のプラットフォーム全体をカバーしています。また、このSDKは、開発者がマルチプレイヤー体験を作成し、深度、物理、オクルージョンなどを用いて、リアルなAR体験を実現するパワフルなツールセットです。

Copyright © 2015-2021 Niantic, Inc. All Rights Reserved.
©2021 Rhizomatiks.



ARエキスパートコース学習の特長


MRデバイス「Magic Leap 1」× ARクラウド「IMMERSAL」


ワントゥーテンが教材提供で協力
Magic Leap 1 一人一台貸出!

‟近未来クリエイティブ集団”1→10 (ワントゥーテン)

株式会社ワントゥーテンは、最先端テクノロジーを軸に、AI技術を駆使した新サービスの開発や、プロジェクションマッピング・XRなどを活用した商業施設やイベントのデジタル演出などを行っている近未来クリエイティブ集団です。この度、当アカデミーの活動に賛同して頂いたワントゥーテン様より、MRデバイス「Magic Leap 1」を受講生一人につき1台を利用できる学習環境を提供して頂けることになりました。この「Magic Leap 1」を用いて、実際の企業からの課題に取り組む実践的制作実習も行います。
ワントゥーテン公式サイト
https://www.1-10.com

Copyright © 2018 – 2021 Magic Leap, Inc.


1→10, Inc.
Magic Leap 1 開発事例紹介

© 1→10, Inc.

羽田出島|DEJIMA by 1→10
The Heart of ZIPANGU(ザ・ハート・オブ・ジパング)

「Magic Leap 1」による、物理世界とデジタル世界がひとつになるMR演出。来場者を包み込むように四方へ投影されるプロジェクション。美しい衣装をまとった人々が目の前で繰り広げるリアルなパフォーマンス。それらがひとつとなり、仮想と現実が入り混じる不思議な没入体験へ来場者を誘います。
https://dejima.1-10.com/

ARエキスパートコース学習の特長


MRデバイス「Magic Leap 1」× ARクラウド「IMMERSAL」


ワントゥーテンが教材提供で協力
Magic Leap 1 一人一台貸出!

‟近未来クリエイティブ集団”1→10 (ワントゥーテン)

株式会社ワントゥーテンは、最先端テクノロジーを軸に、AI技術を駆使した新サービスの開発や、プロジェクションマッピング・XRなどを活用した商業施設やイベントのデジタル演出などを行っている近未来クリエイティブ集団です。この度、当アカデミーの活動に賛同して頂いたワントゥーテン様より、MRデバイス「Magic Leap 1」を受講生一人につき1台を利用できる学習環境を提供して頂けることになりました。この「Magic Leap 1」を用いて、実際の企業からの課題に取り組む実践的制作実習も行います。
ワントゥーテン公式サイト
https://www.1-10.com

Copyright © 2018 – 2021 Magic Leap, Inc.


1→10, Inc.
Magic Leap 1 開発事例紹介

羽田出島|DEJIMA by 1→10
The Heart of ZIPANGU(ザ・ハート・オブ・ジパング)

「Magic Leap 1」による、物理世界とデジタル世界がひとつになるMR演出。来場者を包み込むように四方へ投影されるプロジェクション。美しい衣装をまとった人々が目の前で繰り広げるリアルなパフォーマンス。それらがひとつとなり、仮想と現実が入り混じる不思議な没入体験へ来場者を誘います。
https://dejima.1-10.com/

© 1→10, Inc.


ARエキスパートコース学習の体系図

ARエキスパートコースでは今後大きく発展する
“MRデバイス”×”ARクラウド”を組み合わせた最新のARアプリ開発を体系的に学習することが出来ます。


  • Develop

    素材(アセット)

    • 3DCGモデル
    • 画像
    • テキスト
    • 動画


    Unity

    Unityを利用したARコンテンツの開発方法について学習します

    AR開発キット

    Magic Leap 1用の開発キットである LuminSDKの利用方法を学習します

    ARクラウド

    Immersal SDKを活用したARクラウドの開発を学習します

    ARアプリ開発

  • Verification test

    ARアプリ実証実験

    • イベント会場
    • モール
    • 工場
    • 小売店店舗
    • 映画館
    • ライブ会場
    • アミューズメントパーク
    リリース

  • Release

    ストア・イベントに公開

    Copyright © 2018 – 2021 Magic Leap, Inc.


    Copyright © 2018 – 2021 Magic Leap, Inc.

    Copyright © 2018 – 2021 Magic Leap, Inc.


    Copyright © 2018 – 2021 Magic Leap, Inc.


ARエキスパートコース
カリキュラム

▼スクロールしてご覧ください

日付テーマ内容
110/9(土) ■開講式
■トークセッション
・コースガイダンス
・先進企業によるパネルディスカッション
210/17(日) ■ARアプリ開発ワークフロー
■UnityによるARグラスアプリ開発ワークフロー
■Magic Leap 1 向けアプリ開発チュートリアル
・目的に合わせたARコンテンツ開発の方法
・Unityを用いたARアプリコンテンツ開発フロー
・Magic Leap 1アプリ開発チュートリアル
310/24(日) ■Magic Leap 1 のコントローラーを使った入力処理の実装
・コントローラーの入出力処理の実装
・コントローラーからRayを用いた入力処理の実装
410/31(日)■Magic Leap 1 のハンドトラッキングを使った入力処理の実装 ・ハンドトラッキングの利用とハンドMeshの生成
・ハンドトラッキングで3DCGを掴んだり拡縮したりする処理を実装する方法
・ハンドトラッキングを用いて空間に表示したボタンを直接押す処理を実装する方法
511/7(日) ■Magic Leap 1の空間認識技術(メッシュトラッキング)
・メッシュトラッキングの利用と実装方法
611/14(日) ■ImmersalとはARクラウドで広がるAR表現
■Immersalを活用した空間認識とコンテンツ設置方法
・ARクラウド、Immersalとは
・アプリを用いた現実空間のセンシング方法
・センシングしたデータを用いたARコンテンツ表示アプリの作成方法と利用
711/21(日) ■複数のマップデータを活用した中規模以上の空間マッピングのやり方
・中規模以上の空間をマッピングする方法
・複数のマッピングデータをステッチングするための方法
811/28(日) ■複数人でARコンテンツを共有するためのシェアリング機能の実装方法
・複数人で空間に表示したARコンテンツを共有するための仕組みの実装方法
912/5(日)■Magic Leap 1×Immersal
ARアプリ開発
Part1
・AR空間に画像やテキスト、UIを作成する方法
・AR空間に動画コンテンツを設置する方法(再生・停止処理の実装方法)
1012/11(土)■ハッカソン ・チームを組んでオリジナルARアプリ開発に挑戦します。
1112/19(日)■Magic Leap 1×Immersal
ARアプリ開発
Part2
・AR空間に表示したコンテンツにパーティクルや効果音といったエフェクトを作成・追加する方法
・AR空間に設置したコンテンツから外部Webサイトにリダイレクト処理を実装する方法
1212/26(日)■Magic Leap 1×Immersal ARアプリ開発 Part3・作成したARコンテンツを複数人で体験シェアリングする機能の実装
131/9(日) ■ARならではの企画設計
■VRフェスに向けたオリジナルアプリ企画の作成
・ARならではとは何か、それを踏まえたARアプリの企画の立て方について学習します
141/16(日)■AR技術を用いた人物認識処理の実装・ARの人物認識を用いてその周りに様々なコンテンツを表示するためのアプローチ方法を学習します
151/23(日) ■AR×クラウドサービス
Azure Face APIを利用したARスカウターアプリ開発
・顔認識のAIを活用した画像加工通信処理の仕組みについて学習する
161/30(日)■Vアカ・プレゼン・中間学内制作発表会~自作のARアプリのプロトタイプの発表とフィードバック
17, 182/6(日), 2/13(日)■Magic Leap 1×Immersal
協力プレイが出来る子供向けインタラクションアプリ開発
・ショッピングモールで家族連れの子供が楽しくなれるようなARコンテンツ開発に挑戦します
192/20(日)■ARナビゲーションアプリの開発方法・複数のセンシングデータを活用して目的地までに誘導するナビゲーション機能をARを使って実装する方法について学習します
202/26(土) ■VRアカデミー・オーディション
■VRフェス
・修了制作発表会~自作のARアプリを企業にプレゼンと一般公開&体験会を行う
213/5(土)■修了式・各賞の発表と表彰式, 懇親会
※学習カリキュラム、日時、会場は変更になる場合がありますのでご了承ください。

コース概要

期間 2021/10/9~2022/3/5(5ヶ月、全21回)
時間 12:00~15:00(3時間)
毎週日曜日と一部土曜日
受講方法対面授業、またはオンラインを選択
対象者Unity学習経験者
プログラミング経験者
VR or ARビギナーコース修了者
定員20名
会場茅場町 サテライト会場1 (Future Tech Hub)
入学金50,000円(55,000円 税込) ←7/31まで50% OFF!
受講料一般:298,000円(327,800円 税込)
学生:248,000円(272,800円 税込)
特典Magic Leap 1 無料貸出
無料Unity事前学習LMS
Unity認定試験用コースウェア割引券プレゼント
アプリ開発コンペ無料参加、
VRフェス出展料無料
準備物※WindowsノートPC、またはMac(Corei5以上 メモリ16GB以上)

※「MAGIC LEAP」「MAGIC LEAP 1」「LIGHTWEAR」「LIGHTPACK」、
Magic Leapのロゴおよびその他のすべての商標は、Magic Leap, Inc.の商標です。

※IMMERSALはImmersal Ltd.の商標です。

※Nreal LightはHangzhou Tairuo Technology Co., Ltd. の商標です。

※HoloLens 2はMicrosoft Corp.の商標です。

※Niantic LightshipはNiantic, Inc.の商標です。


こんな方にオススメ

  • 最新のMRグラスを6ヶ月間利用しながら開発したい方
  • 最新のAR開発技術の知識と技術を高めたい
  • AR開発のエンジニアとして必要なスキルを身に付けたい
  • ARクラウドを活用したアプリ開発の経験を積みたい
  • オリジナルのARアプリを開発してイベントでアピールしたい
  • ARを活用したサービス開発を企画して発表したい

こんな方が受講しています

  • 広告代理店のエンジニア > ARを活用した新しい広告サービスを考えている
  • 自動車会社のエンジニア > 自社で開発しているシステムをAR上で表示したい
  • 電気メーカーの研究員 > 最新のAR開発技術について知見を得たい
  • 携帯電話会社の新規事業担当者 > ベンダーに開発を依頼するために開発知識を身に着けたい
  • 介護施設の指導員 > 施術者のためのトレーニングアプリの開発がしたい
  • 学校の教員 >AR技術を用いた新しい教育手法を作りたい
  • 学生 >普及する前にいち早くARスマートグラスの開発を学びたい

~オンラインで個別に相談したい方~

~卒業生作品を体験したい方~


ブロックチェーンベース修了証明書

VRプロフェッショナルアカデミー修了時にはBlockcerts準拠のブロックチェーン証明書による修了証明書が授与されます。
「Blockcerts」はマサチューセッツ工科大学(MIT)のメディアラボとLearning Machine社(現在はHyland社傘下)との共同開発で生まれ、2017年10月にはBlockcertsを利用し、一部の学生にブロックチェーンベースの学位証明書が導入されています。
「Blockcerts」を利用したブロックチェーン卒業証明書では、Blockcerts Walletと呼ばれるアプリケーションを利用しており、生徒や卒業生はiOSおよびAndroidで、自身の学位証明情報や卒業証書を簡単に管理できるようになりました。
以下の教育機関がBlockcertsによる卒業証明書の発行を開始しています。
・ハーバード大学(アメリカ)
・ニューメキシコ州立大学(アメリカ)
・メルボルン大学(オーストラリア)
・マルタ大学(マルタ共和国)
・バーレーン大学(バーレーン)
・香港科学技術大学(香港)
・バーミンガム大学(イギリス)
その他にも、世界中の教育機関がBlockcertsによる学位証明の提供や、実証実験を進めています。 日本でも2018年に経済産業省が、文部科学省と共同でBlockcertsの教育機関への利用を発表しており、ブロックチェーン学位証明書を提供するための取り組みを行っています。


7/31(土)まで早期出願キャンペーン

7/31(土)までのお申し込みの方には早期出願キャンペーンを実施中です!
入学金等が50%オフ。更なる特典を用意。
詳しくは無料オンライン相談会・オープンキャンパスにお申込みください。