VRunner

VRマーケットを牽引するトップランナーのインタビュー誌

ワールド オブ タンクスは世界で1億5千万人以上のプレイヤーが評価

ワールド オブ タンクスは世界で1億5千万人以上のプレイヤーが評価

ワールド オブ タンクスは世界で1億5千万人以上のプレイヤーが評価
ウォーゲーミング社
BusinessAnalyst / Director
Dimitry Sergeenko(ディミトリー・セルギエンコ)

ワールド オブ タンクスで世界的に有名なウォーゲーミング社がVR・AR事業で日本に進出を目指している。何故日本で展開するのか?そしてゲーム以外での活動の取り組みについてインタビューを行いました。

はじめにウォーゲーミング社のご紹介を

現在、ウォーゲーミング社は世界中に20ヵ所のオフィスを持ち、4500名以上の従業員を擁する国際企業となりました。私たちは、ゲーム業界で20年以上の経験を持ち、様々なプラットフォームに15以上の製品を提供しています。今日のこの姿に向かって、私たちは一歩一歩、いくつかの重要な価値観に基づいて歩んで来ました。最も重要なことは、全てのプレイヤーの方々に、当社の作品をご満足頂くことです。そのためには、常にプレイヤーの方々からのご希望やご要望に敏感であり、できる限り迅速にお応えすることを、常に心掛けております。弊社のゲームは、世界中で1億5000万以上のプレイヤーの方々から評価されるまでになりました。日本のプレイヤーの皆様にも、この場をお借りしまして、深く御礼申し上げます。
ウォーゲーミング社は1つの大きなチームです。先端技術の開発と、新たな発見への意欲。それこそが、今のウォーゲーミングの特徴であると言えるでしょう。

ワールド オブ タンクス VRとはどんな作品なのですか?

ワールド オブ タンクス VRは、バーチャル・リアリティにより激しい戦車戦に没入することを可能にしてくれます。ウォーゲーミング社は、2018年初頭に初めて、ワールド オブ タンクス VRをVR施設にてリリースさせて頂きました。バーチャル「戦車兵」は、中戦車に搭乗し、「サバイバル戦」、「2対2」、「4対4」のモードでの戦車戦に参戦します。2018年8月、WOT VRに大きなアップデートがなされました。新たに軽戦車と重戦車という2つの戦車クラスが登場、そして「城跡のある夏の谷」という新たなマップが追加されました。私たちは、日本のワールド オブ タンクス プレイヤーの皆様に、VR版という全く新しい体験をいち早くお届けできるように、東京と広島の施設と協議を進めております。もちろん、VR版はワールド オブ タンクスをまだプレイされたことの無い方も存分に楽しんでいただけるゲームですので、VR版を楽しんでいただいた後、ぜひ他のプラットフォーム(PC、コンソール、モバイル)で、私たちのワールド オブ タンクスを体験して頂ければ幸いです!

ウォーゲーミング社のゲーム以外でのVRの取り組み(B2B)について教えて下さい。

私たちは、没入型テクノロジーが急速に発展していることを受け、ゲームプロジェクトやその他の業界におけるAR ・ VRソリューションの展望と可能性に注目しています。AR ・ VR技術に基づく商業的プロジェクトの実施が可能かどうかを日本企業の代表者の方々から尋ねられることが多くあります。私は、それは新しいチャンスの窓であると思っています。現在、AR ・ VRテクノロジーは、ゲームのメカニクスを用いて、マルチユーザークラウド製品を生み出すことが可能となっています。
バーチャル・リアリティによる、それぞれの状況に対応した学習型シミュレーションは、対象物にも対象者にも危険なく、貴重な経験を得る機会を与えることができます。
コンピューター・ビジョンと人工知能との組み合わせにより、AR ・VRテクノロジーは、巨大な経済的価値を持つ製品やサービスを生み出せる基礎的環境となっています。

B2Bビジネスを日本でも展開しようと考えられているのはなぜですか?教えて下さい。

2013年に、ウォーゲーミング日本支社が設立されました。日本はこれまで、世界で最も先進的である情報通信インフラを開発してきた国の一つです。今年は5Gのネットワークの立ち上げが予定されています。日本のソフトウェア市場は年々着実に成長しています。日本の企業は、eコマース、プロモーション、ビッグデータ分析、医療、専門的訓練などの生活やビジネスの様々な分野において、最新のIT技術と人工知能を積極的に導入しています。市場のニーズと最新のトレンド、そしてウォーゲーミング社のこれまでの製品に対する深い経験に適合する共同プロジェクトが生まれる環境が整っています。

最後にVRコンテンツ開発を目指す人達にメッセージをお願いします。

日本市場では、人々の生活を大幅に改善し、人々の仕事の効率性を高めることができる共同商業プロジェクトに関心を持っています!私は、高品質の3Dコンテンツを独自に生成・保存・共有するための簡単かつ便利なツールをエンドユーザーに提供する、グローバルな製品の開発が現在の有望な方向性だと考えています。
オンラインプラットフォーム上の「ユーザー生成3Dコンテンツ」は、世界規模のビジネスの大きな機会をもたらします。そのようなサービスに、適切なマネタイズが追加されれば、それはゲームを変えるでしょう。
AR ・VRデバイスの機能はとても急速に成長しており、そのようなサービスはAR ・VR業界を更なる成長に導くでしょう。日本のパートナーと同じ考えを持ち、共にAR ・ VRを開発することは、とても素晴らしいことです。

 

Dimitry Sergeenko(ディミトリー・セルギエンコ)
ベラルーシ出身。ベラルーシ国立アカデミーにて国際経済学を学んだ後、カナダのアルバータ大学にてソフトウェアプロダクトマネジメントも習得。ベラルーシ商工会議所での国際貿易戦略立案及び展開で活躍した後、2016年にWargaming社に入社。国際ビジネス経験を活かし、Wargaming社ミンスクオフィスにて、エンタテインメントとB2Bの両面でのAR/VRでの国際ビジネスデベロップメントを推進している。




VR動画クリエイターコース
2019年10月スタート!!

VRプロフェッショナルアカデミーは2019年10月よりVR動画クリエイターコースを開催します。VR映像コンテンツを開発する際に必要な技術を学ぶことが出来ます。また、ゲーム開発ミドルウェアを用いたインタラクティブコンテンツの制作のためのノウハウなどを学習することで、 VR映像コンテンツを企画制作し、そして配信出来るクリエイターを目指します。詳しくは下記リンクから!
https://vracademy.jp/movie/

オープンキャンパス【期間限定・毎週土曜日】
〜個別説明会&授業見学&VR体験会〜

時 間: 60〜90分(13:00 〜 17:00)
場 所: ・お茶ノ水校(小川町駅 徒歩3分, 淡路町駅・新御茶ノ水駅 徒歩4分)
・中目黒VRサロン(東横線・日比谷線 中目黒駅徒歩2分)
・恵比寿校 株式会社フェローズ 7階・セミナールーム
※当日の場所については直接お問合せください
申込み: こちらをクリック!

個別説明会&VR体験会【平日限定】

時 間: 60〜90分(13:00 〜 17:00)
場 所: 中目黒VRサロン(東横線・日比谷線 中目黒駅徒歩2分)
申込み: こちらをクリック!

VRデザイン研究所の5つの活動

日本のVRマーケットを盛り上げるために5つの活動を推進しています
  1. 「VRプロフェッショナルアカデミー」即戦力のVRエンジニアを育成するスクールの運営。
  2. 企業向けVRビジネスの研究会「VRビジネスフォーラム」の企画・運営。
  3. 一般向けVR体験会「VRフェス」の企画・運営。
  4. 「VRエクスペリエンスラボ」VR/AR/MRコンテンツの企画・受託開発。
  5. VR情報専門誌「VRランナー」の編集・発行。
Return Top