【企業向け】スマホAR・ARグラス開発研修 | VRプロフェッショナルアカデミー/日本唯一VR専門プログラミングスクール

【企業向け】スマホAR・ARグラス開発研修

Top  >   企業研修フォーム  >   【企業向け】スマホAR・ARグラス開発研修

【企業向け】スマホAR・ARグラス開発研修

【企業向け】スマホAR・ARグラス開発研修

近年AppleやGoogleをはじめ、多くのIT企業がAR技術の開発に力を注いでいます。日本でもDocomoがMagicLeap社に大規模出資。KDDIもNreal社と業務提携を結ぶなど、ARグラスがスマートフォンに代わる次世代デバイス機器としての可能性に大いに注目されています。VRプロフェッショナルアカデミーでは最新のAR技術を常にチェックし、企業向けに特化したARアプリ開発のカリキュラムを提供しています。
本研修ではUnityによる「AR Foundation」を用いたスマートフォン・タブレット向けARアプリの開発、または「HoloLens2」向けのMRアプリの開発研修を受講することが出来ます。

つのポイント

  • 企業ニーズに合わせた
    オリジナルカリキュラムの提供

    各企業の習熟したい技術目標に合わせた最適のカリキュラムを構築し、オリジナルのカリキュラムを提供します
  • 現役ARエンジニア
    による講義

    現役ARエンジニアが講師を担当。最先端の技術にトライしている方から直接キャッチアップが出来ます。!
  • グループウェアを用いた
    オンラインサポート

    研修毎にグループウェアを用意、講義時間以外でもオンラインで技術質問サポートを受付けます

様々な分野で活用されるARグラス開発事例

遠隔作業支援

工場や出張先での作業支援として、本部と現場を繋いだ遠隔作業支援システムを構築出来ます。ARグラスを用いることで両手が塞がらず、リアルタイムで本部にいる熟練スタッフからの指示を頼りに作業を行うことが出来ます。

デザインシェアリング

作成した3DコンテンツをAR空間上に表示し、複数人でデザインをシェアリングすることが出来ます。これによりディスプレイ上で把握しづらい実寸サイズでの検証や現実空間に照らし合わせたデザイン検証を行うことが出来ます。

医療トレーニング

ARグラスを用いることで、Webカメラを用いた装着者目線ベースの遠隔指導、そして医療トレーニングが実施出来るようになります。これにより従来の固定カメラでは撮影出来なかった施術者目線の視点、そしてARを用いたガイダンスが表示出来ます。


Unityとは

UnityとはアメリカUnity Technologies社が開発する、ゲームを簡単に開発するために支援するゲームエンジンです。2018年時点でスマートフォン向けのモバイル3Dゲームで約50%、AR/VR向けの3Dエンジンでは約60%のシェアを獲得しており、更にUnityの技術を利用する端末は全世界で30億台以上に到達しています。3Dコンテンツを制作する上でUnityを利用するのが業界のスタンダードとなっています。

Copyright © 2020 Unity Technologies


HoloLens2とは

HoloLens2とはマイクロソフト社が定義するMR(Mixed Reality)技術を活用した最先端ARグラスです。
従来のARグラスと比較して広視野角のディスプレイ、ハンドトラッキング、アイトラッキング機能の搭載。最新のセンシング技術を利用した空間認識技術等、最先端の技術が結集しています。
特にHoloLens2はBtoB向けの利用に特化しており、AR技術を使ったシミュレーション、トレーニング、遠隔支援など様々な分野で活用されています

© Microsoft 2020


AR Foundationとは

AR FoundationとはUnityが開発するARフレームワークです。このフレームワークを活用することにより、ARKit、ARCore、Magic Leap、HoloLens等といった様々なARプラットフォームにおいてARアプリを開発することが出来ます。本講座ではそのAR Foundationを用いたARアプリ開発について短期集中で学習し、シンプルなARアプリが作れるようになるのを目指します


「HoloLens2」企業研修例


例1:【全4回】短期HoloLens2アプリ開発講座

定員費用
4名(4名以上希望の場合は別途追加費用が発生します)40万円~
■対象者
  • ・一般的な教科書レベルのUnityを学習済みの方
  • ・Web・アプリ問わず、いづれかの実務開発の経験のある方
■期間
  • ・1日3時間講座 × 4回
  • ・最短2週間~4週間で研修可能
■目的
  • 1)HoloLens2の特定機能を使ったMRアプリの開発を行いたい
  • 2)なるべく短い期間でHoloLens2アプリ開発について学びたい
■学習内容
  • 1)Mixed reality toolKitを用いたHoloLensアプリ開発ワークフロー
  • 2)Input Systemとハンドトラッキングを用いた入出力処理の実装方法
  • 3)空間認識機能を用いたオブジェクト設置の方法
  • 4)3DCADやBIMデータのインポートとホログラフィック表示の方法
  • ※学習内容については一例です。希望に合わせてカリキュラムを作成します

例2:【全8回】Unity基礎 × HoloLens2アプリ開発講座

定員費用
4名(4名以上希望の場合は別途追加費用が発生します)80万円~
■対象者
  • ・Web・アプリ問わず、いづれかの実務開発の経験のある方
  • ・Unity初心者・未経験者の方

■期間
  • ・1日3時間講座 × 8回
  • ・最短1ヶ月~2ヶ月で研修可能
■目的
  • 1)Unityは未経験、または初心者
  • 2)HoloLens2の特定機能を使ったMRアプリの開発を行いたい
  • 3)なるべく短い期間でHoloLens2アプリ開発について学びたい
■学習内容
  • 1)Unityを用いたコンテンツ制作ワークフロー
  • 2)コンポーネント指向の理解、代表的コンポーネント機能の使い方
  • 3)スクリプトを用いた当たり判定処理、アプリ内進行管理の実装方法
  • 4)Unityを用いたアニメーションの作成方法
  • 5)Mixed reality toolKitを用いたHoloLensアプリ開発ワークフロー
  • 6)Input Systemとハンドトラッキングを用いた入出力処理の実装方法
  • 7)空間認識機能を用いたオブジェクト設置の方法
  • 8)3DCADやBIMデータのインポートとホログラフィック表示の方法
  • ※学習内容については一例です。希望に合わせてカリキュラムを作成します

例3:【全8回】中級者向けHoloLens2アプリ開発講座

定員費用
4名(4名以上希望の場合は別途追加費用が発生します)80万円~
■対象者
  • ・一般的な教科書レベルのUnityを学習済みの方
  • ・Web・アプリ問わず、いづれかの実務開発の経験のある方
■期間
  • ・1日3時間講座 × 8回
  • ・最短1ヶ月~2ヶ月で研修可能
■目的
  • 1)Mixed reality toolKitで提供されている代表的機能の実装について学習したい
  • 2)複数の技術を組み合わせたコンテンツ、またはサービスを開発したい
  • 3)HoloLens2向けアプリ開発の技術を研修期間内に習熟したい
■学習内容
  • 1)Mixed reality toolKitを用いたHoloLensアプリ開発ワークフロー
  • 2)Input Systemとハンドトラッキングを用いた入出力処理の実装方法
  • 3)空間認識機能を用いたオブジェクト設置の方法
  • 4)音声認識機能の実装方法
  • 5)HoloLens2に最適化された様々なUIの実装方法
  • 6)アイトラッキングを用いたヒートマップ処理の作成
  • 7)3DCADやBIMデータのインポートとホログラフィック表示の方法について知りたい
  • 8)空間シェアリング、遠隔地作業支援システムの開発方法について知りたい
  • ※学習内容については一例です。希望に合わせてカリキュラムを作成します

「AR Foundation」企業研修例



例1:【全4回】短期 ARアプリ開発講座

定員費用
5名(5名以上希望の場合は別途追加費用が発生します)40万円~
■対象者
  • ・Unityは未経験、または初心者
  • ・プログラミング初心者
■期間
  • ・1日3時間講座 × 4回
  • ・最短2週間~4週間で研修可能
■目的
  • 1)特定のAR表現のみに絞ったiOS・Android両対応のARアプリの開発を行いたい
  • 2)なるべく短い期間でARアプリ開発について学びたい
■学習内容
  • 1)Unityによるシンプルなアプリケーションの実装方法
  • 2)AR Foundationを用いたARアプリ開発ワークフロー
  • 3)画像認識を用いたARコンテンツの表示方法
  • 4)平面認識を用いたARコンテンツの表示方法
  • ※学習内容については一例です。希望に合わせてカリキュラムを作成します

お問い合わせ

より詳しく知りたい場合は下記問合せフォームにご連絡ください