VRアドバンスコース | VRプロフェッショナルアカデミー/日本唯一VR専門プログラミングスクール

VRアドバンスコース

Top  >   コース一覧  >   VRアドバンスコース

VRアドバンスコースは、Unity初心者の方やプログラミング未経験の方が、
12ヶ月間でUnityを用いた3Dゲーム開発や産業活用VRソフトの開発手法を学びます。

つのポイント

  • 学べる

    • 初級〜中級プログラミング技術スキル
    • Unityソフト開発
    • 実践レベルのVRソフト開発
  • 創れる

    • ハッカソンで短期ソフト開発
    • グループによるVRソフト開発
    • 個人によるVRソフト開発
  • 魅せる・拡げる

    • Vアカ・オーディションでの発表
    • VRフェスへの出展
    • 東京ゲームショウへの出展

スクーリング受講・オンライン受講が選択出来る

直接会場に行くスクーリング受講だけでなく、ライブ配信とVR空間でのチャットシステムを組み合わせたオンライン受講が選択可能です。 授業終了後VR空間内でディスカッション出来る環境も用意。オンライン受講でも学生同士で交流を図ることが出来ます。

© 2020 bigscreen, inc.

最新VRゴーグル Oculus Quest 2が教材

VRアドバンスコースは2020年10月13日発売の最新VRゴーグル、「Oculus Quest 2」を学習教材として採用。前機種より1.5倍の解像度、ケーブルレスで外部センサーも不要で6Dofのコンテンツ体験が可能。更にハンドトラッキング機能が搭載されるなど常に最先端の技術が導入されています。

アドバンスコース学習のながれ

  • 受講期間前

    受講期間前の充実の事前学習

    申込み手続き完了後、オンラインで好きなタイミングに学習出来る事前学習サイトを案内しています。
    また事前学習中はメールでの質問に対応しています。
    最大約6ヶ月分の事前学習教材を用意しており、各コース開講前までに十分な事前学習を行うことが出来ます。

    入学
  • 1ヶ月目

    Unityの基本機能と操作

    Unityの基本機能と操作をミニゲーム制作を通して学習します。

    主に体験・学習する要素
    ゲーム作りの基礎とビルド 
    アニメーション処理とタイムライン 
    基本的な演出処理 
    サウンドの実装 
    パーティクル入門
    クラスや講師との会話ツールとして専用チャットを用意
  • 2ヶ月目

    VR開発Introduction

    Unityによるソフト開発の基礎を学習後、VRソフト開発の基礎を学習します。

    主に体験・学習する要素
    VRソフト開発の基本 
    OculusSDKの基本 
    インタラクティブなVRコンテンツ制作 
    Gitを使ったチーム開発
  • 3ヶ月目

    VRの基礎と知識

    Unityによるソフト開発の基礎を学習後、VRソフト開発について 本格的に学習を開始します。

    主に体験・学習する要素
    シーン遷移とGUI処理 
    VRハッカソン 
    VRワークフローとプロジェクトマネジメント 
    Unityでの絵作り:マテリアル編 
    Unityでの絵作り:ライティング編 
    Unityでの絵作り:シェーダー編
  • 4ヶ月目

    移動とアニメーション・VRアカプレゼン

    スクリプトを活用したより複雑な入出力処理の実装に挑戦します。

    主に体験・学習する要素
    VRでの移動処理の実装 
    VR空間でのキャラクター操作 
    複雑なアニメーションの実装方法 
    VRのクオリティアップTips 
    Vアカプレゼン 
    Vアカプレゼンでの企業からのフィードバックを元に更に作品をブラッシュアップ
  • 5ヶ月目

    クオリティアップ編・VRフェス

    より良いVRソフトを開発するための実装について学びます。

    主に体験・学習する要素
    コンテンツクオリティアップ:コントローラー編 
    コンテンツクオリティアップ:UX編 
    コンテンツクオリティアップ:レンダリング編 
    Vアカオーディション 
    VRフェス
    VRフェスへ出展し、一般の方に体験してもらおう!
  • 6ヶ月目

    VRアプリ開発講座

    いくつかのVRアプリ開発を通して今まで学習したUnityの機能やプログラミングについて復習します。

    主に体験・学習する要素
    C#スクリプトの基礎を復習 
    Unityの各種機能の復習 
    アセットを使った効率的な開発
  • 7ヶ月目

    Unity復習

    Unity認定試験アソシエイトのレベルまでの学習

    主に体験・学習する要素
    Unity認定アソシエイトレベルのUnity機能復習 
    Event、Action、Delegate 
    Unityプログラムのデザインパターン 
    Gitを使ったUnityプロジェクトの管理
  • 8ヶ月目

    VRソフト開発の知識と実装

    VRソフトを開発する上での一般的な知識と実装方法について、制作ワークフローから入力処理、VR酔い対策等を学習します。

    主に体験・学習する要素
    VRコンテンツ制作ワークフロー 
    VR空間のスケール設計 
    VR空間においてのUIデザイン 
    VRコンテンツ上でのシーン遷移 
    VRにおける入力の実装 
    VR空間での移動処理の実装 
    VR酔いと対策 
    Photonを用いたオンライン機能の実装
  • 9ヶ月目

    スクリプトデザインパターンとイベント管理

    より良くVRコンテンツを開発するための、発展的なスクリプト技術とラピッドプロトタイピング指向について学習します

    主に体験・学習する要素
    Unityイベント管理 
    スクリプトデザインパターン 
    Profiler機能の利用方法と見るべきポイント 
    ラピッドプロトタイピング手法
  • 10ヶ月目

    ライティング、ShaderGraph

    グラフィックスのクオリティをアップするための、より詳しいライティングやシャドウ。そしてShaderGraphの使い方について学習します

    主に体験・学習する要素
    Unity Shader Graph入門 
    advanced progressive light mapper 
    学内発表会
    学内発表会でのフィードバック内容を元に更に作品をブラッシュアップ
  • 11ヶ月目

    オプション講座とVRフェス

    オプション講座とは学習期間中に発表されたホットな技術などを学習する講座です。 またVRソフトのブラッシュアップを行い、一般向け修了制作発表会 VRフェスへの出展を目指します。

    主に体験・学習する要素
    Unity2020最新機能 
    Houdiniを用いたプロシージャルなアセットの作成 
    オリジナルVRソフトのブラッシュアップ 
    VRフェスへの出展

ゴールイメージ

  • VRソフト開発の基礎知識から実践ノウハウまで学習できる
  • Unity公式の認定資格が取得出来る
  • 学内企業向けオーディション(Vアカ・オーディション)とVRフェスに出展出来る。
  • かけがえのないVRエンジニアの仲間がつくれる
  • 今の企業でキャリアアップ
  • アジャイル開発が身につきラピッドプロトタイピングが出来る

コース概要

期間 2021/4/10(土)~2022/3/5(土)
【12ヶ月間 全45回】
時間 16:00〜19:00
※15:30開場
受講方法 スクーリング、またはオンラインを選択
対象者 Unity初心者
プログラミング未経験者可
定員 20名
入学金 5万円
受講料 <一括払い> 一般:55万円 / 学生:45万円
<分割支払> 一般:月々5万円~ / 学生:月々4万円~
特典 オーディション参加
VRフェス出展
スポンサーチャレンジ
修了証授与

※上記料金には消費税が含まれていません。
※分割支払いは11回を上限としております。また別途手数料がかかります。



充実の事前学習

VRプロフェッショナルアカデミーでは早期申込者の方限定でオンラインで好きなタイミングに学習出来る事前学習サイトを案内しています。
ビギナーコース、アドバンスコース、エキスパートコースそれぞれのレベルに合わせた専用カリキュラムを用意。
最大約6ヶ月分の事前学習教材を用意しており、各コース開講前までに十分な事前学習を行うことが出来ます。また、事前学習中に不明な点があれば質問も可能です。

〈例:ビギナー・アドバンスコース事前学習内容〉

  • ・Unityインストール・環境構築
  • ・Unityちゃんダンスコンテンツの作成
  • ・ドミノ倒しゲームの作成
  • ・ピンボールゲームの作成
  • ・3D物理ゲームの作成

【1/31まで!】新春学習支援キャンペーン

1/31までの申込の場合は、特別割引キャンペーンを実施中です!
詳しくは個別相談会・オープンキャンパスにお申込みください。


ブロックチェーンベース修了証明書

VRプロフェッショナルアカデミー修了時にはBlockcerts準拠のブロックチェーン証明書による修了証明書が授与されます。
「Blockcerts」はマサチューセッツ工科大学(MIT)のメディアラボとLearning Machine社(現在はHyland社傘下)との共同開発で生まれ、2017年10月にはBlockcertsを利用し、一部の学生にブロックチェーンベースの学位証明書が導入されています。
「Blockcerts」を利用したブロックチェーン卒業証明書では、Blockcerts Walletと呼ばれるアプリケーションを利用しており、生徒や卒業生はiOSおよびAndroidで、自身の学位証明情報や卒業証書を簡単に管理できるようになりました。
以下の教育機関がBlockcertsによる卒業証明書の発行を開始しています。 ・ハーバード大学(アメリカ) ・ニューメキシコ州立大学(アメリカ) ・メルボルン大学(オーストラリア) ・マルタ大学(マルタ共和国) ・バーレーン大学(バーレーン) ・香港科学技術大学(香港) ・バーミンガム大学(イギリス) その他にも、世界中の教育機関がBlockcertsによる学位証明の提供や、実証実験を進めています。 日本でも2018年に経済産業省が、文部科学省と共同でBlockcertsの教育機関への利用を発表しており、ブロックチェーン学位証明書を提供するための取り組みを行っています。