第7回Vアカ・オーディションを開催! | VRプロフェッショナルアカデミー/日本唯一VR専門プログラミングスクール

アカデミーブログ

Top  >   ブログ  >   第7回Vアカ・オーディションを開催!

第7回Vアカ・オーディションを開催!

2020/09/09

 

はじめに|

2020年8月22日に第7回目となるVアカ・オーディションを日本科学未来館で開催しました。

Vアカ・オーディションとは、企業審査員をご招待し、5か月~1年間VRソフト開発を学んだアカデミーの受講生が開発したオリジナルVRソフトを体験していただく学内イベントです。本イベントはVRを開発している企業に就職・転職を検討している方には自分を売り込む最大のチャンス!毎回このイベントで就職・転職が決まる方がたくさんいます。コロナ禍のため入場制限と感染予防対策を強化しながら実施されました。

今回はこのイベントの模様をご紹介したいと思います。

 

開催概要|

  • 開催日:2020年8月22日(土)
  • 時間:11:00-16:30
  • 会場:日本科学未来館7階イノベーションホール
  • テーマ:自由課題、個人製作又はチーム制作(2~3名)
  • 参加者:VR作品27作品(VRアカデミー第6期アドバンスコース・7期エキスパート生)
  • 審査員:11名(企業審査員、講師)

タイムスケジュール

  • 11:00:開会式

  • 11:10:プレゼン発表

  • 12:30体験スタート

  • 15:00体験終了

    ↓優秀作品選考

    ↓受講生はVR先進企業の作品提示体験

  • 16:00審査員特別賞発表

  • 16:30修了

 

「プレゼン発表」

 

オリジナルVR作品のプレゼンの様子

 

 

作品制作は、VRビギナーコースの方は基本チームで、エキスパートコースの方は個人でVRコンテンツの制作に挑戦します。自分たちの作ったオリジナルVRソフトを魅力的に見えるようにプレゼン。各自開発したVRソフトを審査員の方に積極的に他見してもらえるようにアピールします。

 

 

オリジナルVR作品のプレゼンの様子

 

 

Vアカ・オーディションの発表までには、VRソフト開発が短期間で経験できるイベント「VRハッカソン」と、学生同士でお互いに作品を発表し、フィードバックを行うイベント「Vアカ・プレゼン(学内制作発表会)」の経験でVアカ・オーディションに向けたスキルアップをしてこの日に向けて準備します。

 

 

オリジナルVR作品のプレゼンの様子

 

 

今回はオンラインでの参加・発表も行っており、オンラインで参加される学生も多くいました。

 

 

Zoomを用いたオンラインでの発表の様子

 

 

また、学生の作品を審査していただくために、VR先進企業の方を審査員としてご招待しました。

 

 

この時期にお越しいただいた企業審査員の皆様に感謝感激です!

 

 

 

「VR体験会」

 

プレゼン後、審査員によるVR体験会に移行します。

 

今回は多くの作品をブース出展ではなく1人1台のVRヘッドセットで体験していただきました。

 

 

こちらは音声認識を使用したコンテンツ。しゃべることによってゲームが進行します。

 

 

こちらはVRでキャンプ体験ができるコンテンツ。テントの杭を打っています!

 

 

そして、今回もアカデミーの学生のために、VR先進企業の方々にVR/ARの作品が体験できる体験ブースをご用意していただきました!学生の方々にはとても有意義な体験になっていたようです!

 

Hololens2を用いたAR足つぼマッサージ

 

 

OculusQuestを用いたVR安全体感トレーニング

 

 

 

【審査結果発表・受賞作品紹介】

体験会終了後、企業審査員の投票により優秀作員が選ばれます。

 

 

特別審査員賞・Teacher賞・Student賞の3つの賞が全27作品の中から選れます。

 

 

造形作家の方にVRアートマスクを作っていただきました!

 

 

~審査員特別賞~

「Aquascape Designer 」

 


=作品紹介=

 

手軽にアクアリウム水槽のデザインが体験できるシュミレーター。アクアリウムが趣味の人でも、年に一回できるかできないかの体験を数分で疑似体験しよう。

「アクアリウム?興味はあるけど、やったことないし、めんどくさい…お金も時間も水槽置くスペースもない。」

ちょっとまって、諦める前に数分ください。あらゆる角度から眺めまわして、手軽に試行錯誤。

VRだからできる水景デザイン、はじめませんか?

 

特別審査員賞とは審査員の投票によって選ばれた作品に贈られる賞です。

今回は6期アドバンスコースで1年間VR開発を学んだ方が受賞しました。VRの特徴を考えた目の付け所、作品の完成度の高さが評価され、見事受賞につながりました。

 

アカデミーのシンボルである「マザー」のトロフィーを授与しました!

 

 

表彰式の様子

 

~Teacher賞~

「宇宙人の東京観光」

 


=作品紹介=

 

【ストーリー】
宇宙人はUFOの中で地球が人間によって危機を迎えている事に悩んでおり、
人間を失敗作だから、地球をリセットしようと考える。

リセットする前に、現状の地球を観察する事にした。。。

【ポイント】
コロナの影響で、自粛生活や移動制限がつづき
旅行など行けないので、360度動画で観光をしているような気分になればと思い作成しました。
360動画の作品ですので、操作はありません。

 

Teacher賞もアカデミーでアドバンスコースを一年間学んだ方が受賞しました!360度動画をUFOの中から見るというユニークな発想が評価され、受賞に至りました。

 

 

~Student賞~

「Aquascape Designer 」

=作品紹介=

 

手軽にアクアリウム水槽のデザインが体験できるシュミレーター。アクアリウムが趣味の人でも、年に一回できるかできないかの体験を数分で疑似体験しよう。

「アクアリウム?興味はあるけど、やったことないし、めんどくさい…お金も時間も水槽置くスペースもない。」

ちょっとまって、諦める前に数分ください。あらゆる角度から眺めまわして、手軽に試行錯誤。

VRだからできる水景デザイン、はじめませんか?

 

Student賞は審査員特別賞と同じく、「Aquascape Designer」が受賞しました!

作品の完成度が高く、学生の方々にも評価されたようです。

 

 

おわりに|

 

 

第7期VRアカデミーでは大学生や社会人の方を中心に53名がVRコンテンツの作り方を学んできました。

VRアカデミーはVRコンテンツ開発に就職・転職したい人をサポートすることを主軸としていますが、それ以外にも会社の新規事業であってり、スキルアップや趣味としての受講もOKです!

VRのオリジナルソフトを制作したいという方は、是非VRアカデミーへの入学をオススメします。

是非VRプロフェッショナルアカデミーに入学して、誰もがアッと驚くオリジナルのVRソフトを一緒に作っていきましょう!