CGデザイナーだからこそUnityを学ぶべき

こんにちは。今回は第3回Vアカオーディションにおいて、VRアカデミー賞を受賞したアドバンスコース受講生、伊東圭祐さんにインタビューをおこないました。

伊東さんの経歴を教えていただけますか?

私は美術大学でグラフィックデザインを学びました。そして学校の卒業制作を作成するために初めてCGを触りました。学校のカリキュラムには全然そういう授業が無くて、卒制で優秀賞を取りたいと考えたときに、誰もやっていないCGならどうか?と思いまして、卒業3ヶ月前に3dsMaxを覚えて作品を制作して優秀賞を取ることが出来ました。

その後家庭用品のメーカーに就職して1年半ほどパッケージデザインをしていました。しかし深夜まで勤務することも多く、嫌気がさしてきたんです。そのときふとCGは楽しかったなと思い出して、仕事をスパッと辞めてCGを勉強しにデジタルハリウッドに行きました。

その後、デジタルハリウッドで作ったCGアニメーション作品が賞を取りまして、その後更に半年かけて制作した作品がSIGGRAPH ASIAで上映されたんです。そのあたりから仕事がいただけるようになって今に至っています。

伊東さんは何故VRに関心を持ったのですか?また、なぜVRを学ぼうと思ったのですか?

最初は単純に仕事が忙しくて趣味をあまり持っていないことに気がついたのです。そこで家で出来る何かが欲しいと思ったときにVRを見つけたんですね。とりあえずやってみようと思いましてViveを買ってみたら凄い面白かった。それで自分はCGが出来るしVRソフトが作れるんじゃないかと思いまして学校を調べたらVRアカデミーを見つけてすぐに申し込みをしました。

 

CGデザイナーがUnityを覚えることについてはいかがですか

最初はCGやる人がUnityを覚えるものだと思っていたので、全然周りにいなくてびっくりしました。今のCGは潮流としてリアルタイムレンダリングが来ているので絶対CGデザイナーは出来たほうが良いと思います。

「アビスダイバー」を作った理由についてお聞かせください

はじめに分かりやすい結果を出したいと考えていまして、その時にVRアカデミーで全国のネットカフェに展開しているVIRTUALGATEに作品をリリース出来ることを知ってそこへのリリースを目指して作ろうと思って制作しました。

作品作りは課題を頂いた当日から1週間程度でプロトタイプを作成しまして、検証して気持ちよくなければ破棄して次のプロトを制作するのを繰り返しました。その時にこれならいける!と思ったのを見つけてから制作を開始しました。

そこからアセットストアでクオリティの高いモデルを入手して、そのモデルのテイストに合うようにステージ等を制作していきました。

 

残り半年の目標やチャレンジしたいことを教えてください。

今はVRのアニメーション作品を作りたいと考えています。アカデミー賞とかSiGGRAPHもそうですが、VR映画の部門がだんだん立ち上がって来ているタイミングなので、半年でそれに向けたプロトタイプというか予告みたいなものを作れればと思っています。

VR映像作品のこれからについてはいかがお考えですか?

これからきっとアートアニメーションにいろんな手法が出てくるだろうなと考えています。例えばビーズを動かしたりガラスに描いたりとか。そういったVRならではの映像表現はこれからどんどん増えていくと思います。

でもまだまだいろんな手法があるし、まだ発掘されていないものもあるので今がチャンスだと思います。私自身は「イトウさんの作品はいつも落ちるよね。」とか自分自身の作風をVRの世界でも1つ見つけることが目標です。

 

日本と海外での反応の違いについてはいかがですか?

そもそも日本でアート系のCGアニメーションを出してもあまり見向きされなくて、それよりVimeoに上げたほうが全然レスポンスが多いんです。なので海外でVR作品をだしていけるならそっちを拠点にしてもいいと思っています。

北欧だと作家性を楽しむ文化があるので、そういった作者に対する国の支援があるんですよ。理解がある。そういった意味で日本でアートをやっていくのは難しいなと感じています。

最後に、これからVRを学びたい、作りたい人たちに向けてメッセージがあればお願いします。

そうですね。正直に申し上げますと同業者が増えてもらっても困るので、どうぞ好きにやってくださいとしか言えないですね。これ以上参入しないでくださいみたいな。本音ですよ(笑)

 




VRプロフェッショナルアカデミー!
2018年12月編入生、2019年4月生募集中

VRプロフェッショナルアカデミーは現在募集イベントを開催しています。 VRプロフェッショナルアカデミーについて興味がある。詳しい内容を聞きたい。VRを体験したい。授業を見学したいなど、様々な目的に合わせて参加可能です。 是非お気軽にお申し込みください。

オープンキャンパス【期間限定・毎週土曜日】
〜個別説明会&授業見学&VR体験会〜

時 間: 60〜90分(13:00 〜 17:00)
場 所: ・お茶ノ水校(小川町駅 徒歩3分, 淡路町駅・新御茶ノ水駅 徒歩4分)
・中目黒VRサロン(東横線・日比谷線 中目黒駅徒歩2分)
・恵比寿校 株式会社フェローズ 7階・セミナールーム
※当日の場所については直接お問合せください
申込み: こちらをクリック!

個別説明会&VR体験会【平日限定】

時 間: 60〜90分(13:00 〜 17:00)
場 所: 中目黒VRサロン(東横線・日比谷線 中目黒駅徒歩2分)
申込み: こちらをクリック!

VRデザイン研究所の5つの活動

日本のVRマーケットを盛り上げるために5つの活動を推進しています
  1. 「VRプロフェッショナルアカデミー」即戦力のVRエンジニアを育成するスクールの運営。
  2. 企業向けVRビジネスの研究会「VRビジネスフォーラム」の企画・運営。
  3. 一般向けVR体験会「VRフェス」の企画・運営。
  4. 「VRエクスペリエンスラボ」VR/AR/MRコンテンツの企画・受託開発。
  5. VR情報専門誌「VRランナー」の編集・発行。