第11回VRフェス&親子でメタバース体験・イベントレポート | VRプロフェッショナルアカデミー/No1.VR/AR専門プロフェッショナルスクール

アカデミーブログ

Top  >   ブログ  >   第11回VRフェス&親子でメタバース体験・イベントレポート

第11回VRフェス&親子でメタバース体験・イベントレポート

2022/08/27

 

 

こんにちは!VRアカデミーのstaffとして参加した大岩です。

 

8/27(土)にVアカオーディション&VRフェス、そして親子でメタバースイベントを開催しました!

 

今回も東京ポートシティ竹芝内にある東京都立産業貿易センター浜松町館2階展示室で開催しました。開催場所である浜松町館が入っているこの高層ビルはソフトバンク本社が入っていて、ビルの入り口からおしゃれで、綺麗でした!

 

では、体験レポートを書かせて頂きます!

 

 

 

◆Vアカオーディションとは?

VRアカデミーで半年~1年勉強してきた受講生の修了制作作品を発表するイベントです。

 

毎回、VRフェス開催前の午前中に開催されます。

 

受講生の皆さんは、Vアカオーディションで一番評価の高い「VRアカデミー賞・審査員特別賞」他5つの賞を受賞できるように頑張ります!

 

また、Vアカオーディションは、就職・転職のための企業とのマッチングの場でもあり、企業審査員の方々も優秀な人をスカウトできるように真剣です。

審査員の方は、受講生のプレゼンと修了作品の体験を通して、優秀な人を見極めます!

 

「VRアカデミー賞・審査員特別賞」を受賞した方は、今回は3年ぶりにリアル開催する東京ゲームショウ2022に作品を出展できるということで、受講生の皆さん気合が入っていました!

 

 

 

 

 

◆Vアカ・オーデイションの雰囲気

 

第11回Vアカ・オーディションは、10期・11期のAR/VR受講生、現地会場に42名・オンラインから12名が参加し、33個の作品が発表されました。

 

今回のプレゼンの持ち時間は、1組2分30秒と短い時間の中、作品の企画や制作目的を端的にプレゼンしていました!

 

また、今回新たな試みの審査方法であるVR同時配信システムを利用して、審査員全員がVRゴーグルを被って、同時に各作品の360°プレイ動画を視聴して頂きました。こちらは審査が効率的に進行できて大好評でした!

オンライン参加から作品をプレゼンする受講生

 

 

VR配信システムで360°プレイ動画を視聴している審査員の方々

 

 

約180分のVアカオーディションのプレゼンが終わり、ここから、審査員の方々は、気になった作品を体験して、審査して頂きます。

 

受講生の方々は、他の受講生の作品を見て、プレゼンの仕方や、作品の内容に関心され、たたえ合っていました。

 

受講生はVアカオーディションが終わって、直ぐに午後からVRフェスが開催され、忙しそうでした。

 

次に、VRフェスについて説明します。

 

 

◆VRフェスとは

VRフェスとは、毎年8月・2月に開催している最新のVR/ARソフトが無料で体験できるイベントです。

 

VRプロフェッショナルアカデミーの第11期生の修了制作作品を中心に、卒業生クリエイターの作品から、XR先進企業のプロの作品まで体験できるイベントです。

 

また、「VRはエンタテインメント以外にも、様々な産業分野への拡がりをもつことを知っていただく機会」「VR・ARの認知・普及」をコンセプトとした無料イベントです。

 

今回はVRフェスの中に「親子でメタバース体験イベント」も一緒に開催されました。下記で説明させて頂きます。

 

 

 

今回お客さんから最も人気だった作品です。コントローラーをバットに着ける工夫が新しい!

◆親子でメタバース体験イベント

2017年4月から600人のエンジニアを輩出してきた当アカデミーでは、開校以来5年間を振り返ると「中学生から少しでも早くVRプログラミングを学習することが、将来のためにBestではないか!」という考えに至り、この「親子でメタバース体験イベント」をVRフェスと同時開催しました。今年11月からは中学生向けに「U-15メタバースプログラミング講座」として無料開催を計画しているそうです!

 

今回は軽くメタバースを体験して頂きたいと思ったので、VRアプリやVRchatを楽しんで頂きました!

 

VRアプリを子供たちに体験して頂いたのですが、とてものめり込んでいた印象でした。

 

最初は操作方法も、コントローラーの持ち方も分からなかったが、すぐに覚えて、使いこなしていました!

 

VRchatでは、自分のアバターの姿が見えるひまわり畑に行って、みんなでお喋りしてもらいました!メタバースって言ったらVRchatですね!

 

親御さんのご協力の元、無事イベントを終了することが出来ました。ありがとうございます!

 

 

◆イベントの最後にご褒美ライブ

 

VRフェスの最後はこの人!ギターマン:田内洵也さん!3年前フェスそして前回のVRフェスでも出演して頂いたギターマンです!とんでもなく上手い歌声で鳥肌立ちましたね!

 

自分は、プロの方の生歌を初めて聞いたので、感動しました!所長からの最高のプレゼントですね!受講生の皆さんお疲れ様でした!

 

親子でメタバース終了後に、親御さん・受講生に歌をプレゼントしてくれました!

◆VRフェス授賞式

 

今回は6個の賞を準備しました!審査員の方々が非常に悩んだ末、賞を決めていました!

 

6つの賞について説明します。

・審査員特別賞:審査員の方々が選んだ一番優秀な作品に与えられる賞です。

・VRオーディエンス賞:来場したお客さんが面白いと感じた作品に投票して頂いて、決まった賞です。

・体験デザイン賞:審査員の方が体験してみて、XRならではの体験だと思う作品に与えられる賞です。

・技術賞:エンジニアの人が評価した際に、高いレベルの技術を使っている作品に与えられる賞です。

・企画・アート賞:作品の企画や、芸術点が高い作品に与えられる賞です。

・プレゼン賞:Vアカオーデイションのプレゼンで一番上手だった方へ与えられる賞です。

 

VRアカデミー賞:プレゼン賞・作品名:「江戸測量VR」

川嶋さんは前回の第10回Vアカオーディションでも、プレゼン賞を受賞していました!

プレゼンが上手なんですね!おめでとうございます!

 

VRアカデミー賞:企画・アート賞・作品名:「Orrery(オーラリー)」

 

VRアカデミー賞:体験デザイン賞・作品名:「Fall men」

自分も何個か作品を体験させて頂いたのですが、1番面白い作品だと感じました!

 

VRアカデミー賞:技術賞・作品名:「BussR」

 

VRアカデミー賞:オーディエンス賞・作品名:「実践経験を積んでレギュラーの座を掴め!~バッティング練習VR~」

お客さんに面白かったら投票して頂くのですが、投票数ぶっちぎりの優勝でした!VR上で、165km/hの投球を体験できるのがとても面白かったです。また、様々な球種・球速があって、打つのが大変難しかったです。しかし、打った時の爽快感がたまらなかったです!

 

VRアカデミー賞:審査員特別賞・作品名:「VanGogh~37年の孤独~」

なんと!歴代初VRベーシックコースの受講生が、VRアカデミー賞・審査員特別賞を受賞しました!相当な熱量と努力で完成させたのだなと感じます。

作品を体験してみても、足元・足首にセンサーを付けて、腕を振って移動する事で、没入感を上げる工夫がされていました。

また、作品の内容もとても緻密で、綺麗な作品でした。素晴らしい/

 

最優秀賞受賞者にトロフィーの授与

 

表彰式で恒例の「VRチャンピオンマスク」の授与式です。前回の最優秀賞の受賞者から、今回の受賞者へ贈呈されました!このチャンピオンマスクは富山の著名なアーチスト北斗さんの作品で毎回違うマスクが制作されます!いらなくなったVRゴーグルの二次利用だそうです

 

 

最後にXでもYでもないVRアカデミーのVマークのポーズで集合写真を撮りました!

 

長い間、受講生の方々開発お疲れ様でした!また、審査員の方、企業の方、OBの皆さんも出展ありがとうございました!

 

また、次回のVRフェスでお会いしましょう!

 

 

◆最終授業での授与

VRフェスの翌週、最後の授業で、Teacher賞とStudent賞の発表がありました。

 

・Student賞:アカデミー受講生が互いの作品を体験・投票し決まった賞です。

・Teacher賞:アカデミーのteaching assistant(TA)の方々が、決めた賞です。

 

 

VRアカデミー賞:Student賞・作品名:「実践経験を積んでレギュラーの座を掴め!~バッティング練習VR~」

オーディエンス賞に続き、Student賞も受賞!受講生にも、お客さんにも人気な作品でしたね!

 

VRアカデミー賞:Teacher賞・作品名:「Metamorphose」

AR作品の受賞です!半年~1年間受講生の方々お疲れ様でした!また、来期も受講される方は、次回のVRフェスに向けて技術力を高めていきましょう!

◆最後に

 

 

VRアカデミーはVRコンテンツ開発企業に就職・転職を目指す方を支援しています。また、それ以外にも現状の会社内でのキャリアアップや新規事業の開発、更に個人的な趣味としての受講もOKです!

 

様々なバックグラウンド・年齢層の方がいるので、興味があるときにオープンキャンパスや説明会に参加してみてください。

 

説明会はオンラインでも参加できるので、全国どこからでも相談して下さい。自分は漠然とXR事業に興味があって、気軽に説明会に参加した所入講を決めるきっかけとなったので、是非参加してみてください!

 

【東京ゲームショウ2022会場で、VRフェス2022の優秀作品が体験できます!】

開催日:9月15日(木)・16日(金)・17日(土)・18日(日)

時間:10:00~17:00

場所:幕張メッセ・Hall5

※17日(土)・18日(日)の一般Dayは、無料相談会を同時開催致します。

参加申込み⇒https://vracademy.jp/opencampus/

 

【土曜日開催】オープンキャンパス

開催日:毎週土曜日

時 間:60〜90分 (12:00〜19:00)

場 所:日本橋茅場町会場第1会場

※詳しくは申込み時にメールにてご案内させていただきます。

参加申込⇒ https://vracademy.jp/opencampus/

 

【平日11:0021:00】オンライン個別相談会(対面相談も可

開催日:平日の月〜金曜日開催

時 間:60〜90分 (11:00〜21:00)

参加申込⇒https://vracademy.jp/freesession/

平日月〜金曜日にオンライン個別相談会を開催しています。

また、より詳しく説明を聞きたい方や卒業生の開発したVRソフトを体験会したい方は、

是非オープンキャンパスにお越しください。