【卒業生インタヴュー】英会話スクールからXRエンジニアへの道 | VRプロフェッショナルアカデミー/No1.VR/AR専門プロフェッショナルスクール

アカデミーブログ

Top  >   ブログ  >   【卒業生インタヴュー】英会話スクールからXRエンジニアへの道

【卒業生インタヴュー】英会話スクールからXRエンジニアへの道

2023/12/07

こんにちは!VRプロフェッショナルアカデミーの広報担当のデミーです。今回は第10期VRエキスパートコース卒業生で、イマクリエイト株式会社に転職したXRエンジニアの上田さんにインタビューを行いました。

 

目次

★★★上田さんのプロフィール★★★

関西外国語大学卒業後、ゴルフダイジェスト・オンラインに入社。約3年間営業として、キャリアを築く。

 

しかし、大学時代から抱いていたエアラインパイロットになる夢を諦められず、免許取得費用1200万円を貯めるために、英会話スクールの起業を決意。

 

ゴルフダイジェスト・オンラインを退職し、英語力を磨きなおしに行く為に、オーストラリアにワーキングホリデーへ行く。シドニーで5か月ほど働いたあと、英会話スクールのプロモーションを目的に、YouTubeで『自転車でオーストラリア1周旅』の動画を配信。しかし、旅の途中、クリエイティブなことが好きな自分とパイロットにクリエイティビティは求められていないことに気付く。

 

さらに、パイロットは『海外(自分の世界の外)で頑張ろうとしている人の応援をする』『色んな場所に行ける』が叶う手段であり、目的ではないことに気付く。日本に帰国後、先述の真の目的を叶えるための別の手段『ホームステイサブスク』(旅人とホストが交流することでお互いが新しい選択肢を見つけられる)というサービスを思いつき、自宅に使っていない部屋がある人を探しに、オンラインで英語を教えながら、日本各地を飛び回った。

 

しかし、15人のホストが集まったところで、既に宿のサブスクを提供している企業が、ホームステイ型のサブスクも始めると発表。『ホームステイサブスク』は手段の1つだと捉えていた私は、すぐに切り替え、ユニークなことをしようと思い、コロナ禍で3ヵ月のアメリカ旅行へ。留学時代の友人の家に泊めてもらっている際、動画編集をしていたら、

 

彼に『動画編集で食っていけるよ』と言われたが、動画編集の参入障壁の低さは身を持って知っていた。そこで、動画の次は何が来るだろう?と考えた結果、VRにたどり着く。

 

 

Q1   現在の会社の紹介と仕事内容と教えていただけますか?

上田さん:イマクリエイト株式会社でXRエンジニアをしています。360度動画のような「見るXR」とは違い、バーチャル空間内で現実のように身体を動かせるXRコンテンツを作っています。バーチャル空間だからこそ、物体の可視化や透過、現象や事象の操作など、テクノロジーの活用によって現実では不可能な様々な体験が可能になります。企業や大学からご依頼いただき、主に従業員様や生徒様のスキルをアップさせるようなVRトレーニングコンテンツをUnityで制作しています。

 

 

|XRエンジニアとして就職することができたことが単純に一番良かった

Q2.11期生として振り返ると、VRアカデミーを受講して良かったことを教えてください。

プログラミングのド素人だった私が、XRエンジニアとして就職することができたことが単純に一番良かったことです。(就職を目的に入学したので)またVRアカデミーには、色んなバックグラウンドを持った人が受講しています。一緒に遅くまで残って開発に励んだり、色んな業界でのXRの活用アイデアを聞けたり、高橋学長の開発やビジネスの考え方を聞けたりしたのもVRアカデミーに入ってよかったことです。

 

 

 

|『自分が作りたいモノを試作品レベルでも良いので、作りまくる』

Q3.また、今振り返ると受講中にもっとこうしておけば良かった!と思うことはありますか?

これは確実にコーディングの勉強です。卒業の2ヵ月手前くらいにやっと、C#の基礎を理解し始めました()それまでは、『変数って何?』『関数って何?』状態でした()C#を理解し始めたきっかけは、最後のVアカオーディションで、作品を作った時です。自分が作りたいものを1人で作らなくてはいけないので、自分が学ばなければ、作りたいものが完成しないので、結果的に学ばなくてはいけない環境に身を置くことができました。なので、結論、もっとこうしておけば良かった!は『自分が作りたいモノを試作品レベルでも良いので、作りまくる』です!

 

 

 

|思い通りの実装を作れたことに感動した!

4.VRアカデミーで受講中又は現在の業務中に、何か壁にあたったことはありますか?また、その壁をどう乗り越えましたか?

受講中に当たった壁は、『C#プログラミングが分からない』でした。高橋学長やTAの方に質問して、やっと少し理解し出して、VR上で野球のピッチャーが投げたボールの軌道をリアル(空気抵抗や重力を計算に入れて)に再現することができました。プログラミングのド素人だった自分が、1000行を超えるコード(無駄に長いコードは良くない…)で、思い通りの実装を作れたことに感動したことを今でも覚えています。

また、現在業務中にぶち当たっている壁は周りとの差です。やはり、イマクリエイトはXR開発のプロフェッショナルが集まっているので、仕事の速さ、質が私と桁違いです。正直、まだ壁は乗り越えられていませんが、業務とは別で、毎朝、自分が作りたいものを作る時間を設けて、彼らに少しでも近づこうと対策しています。

 

 

 

|VRやARは人間の可能性や能力を色んな方面で高めてくれる

5.改めてVRARの魅力とは何ですか?

→人間の可能性や能力を色んな方面で高めてくれるところです。イマクリエイトでは、バーチャルは現実の上位互換になりうると考えています。例えば、重力を弱くして、けん玉の練習をしたり、現実には表示できない3D補助線を表示して、ゴルフのスイング練習をしたりすることは、現実での練習より、習得効果が高いことが証明されています。また、今までにない情報表示ができることにも魅力を感じています。例えば、ARグラスで、レシピを見ながら料理をしたり、大きな仮想スクリーンを複数枚仮想空間に出して、PC作業したりすることも可能です。今までなかったこれらの技術により、人間の能力は拡張されるはずです!

 

 

 

|『人々に新しい選択肢を見つける機会を提供する』

6.今後の夢や目標をお聴かせください

→そもそもVRプログラミングの勉強を始めた理由は、『人々に新しい選択肢を見つける機会を提供する』『場所にとらわれずに働く』が出来そうと思ったからです。『人々に新しい選択肢を見つける機会を提供する』は、人生を通してやりたいと思っていることです。なぜなら、自分の仕事や属するコミュニティに対して愚痴を言っているのに、他の選択肢に気付けず、ずっとその場にいる人が少なくないし、勿体ないなぁと思ってしまうからです。新しい選択肢を見つける1つの手段として、他人と交流があると思っています。新しい人と交流することで、『そんな世界があるんだ!』『〇〇さんがやっているなら、私にも出来そう!』と思うことはよくあると感じています。間接的でも良いので、私が作ったきっかけで、自分の世界から1歩踏み出してくれる人が少しでもいればいいなって考えてます。

また『場所にとらわれずに働く』はエゴ的な目標なのですが、知らない土地に行くことで、新しい人と出会ったり、自分が住んでいる場所では、当たり前のものが当たり前だったり、当たり前じゃなかったり。常識が崩れていく感覚が好きです。なので、死ぬまでに地球上のすべての国に行くことが目標です。そのためには、エンジニアとしてのスキルをもっともっと磨かなくては…

 

 

 




 

こんにちは!VRプロフェッショナルアカデミーの広報のデミーです。今回は第9期卒業生の濱端舞さんのインタビューをお届けします。彼女は最近、人気のTV番組“ジョブチューン”にも登場した某大手外食チェーン店の女性店長。その異色ともいえる経歴を持つ彼女が、VRプロフェッショナルアカデミーで1年間学び、在学中のイベント=VRフェスで“第9期VRアカデミー審査員特別賞”を受賞。アカデミーに1年間通った彼女ですが、通い始めて半年で賞を取り、VRハッカソンでも入賞し、在学中に計3つの賞を受賞したことになる。この度、卒業して僅か1ヶ月で転職が決まり、母校へ挨拶に来たところを中目黒のアカデミーサロンで取材しました。

 

VRは、アートや映像作品が多くWEBより面白い!

ーVRを学ぼうと思ったキッカケ

濱端さん:私は当初最新テクノロジーには全く興味ありませんでしたが、バックパッカーでストックホルムに行った時、「現金お断り」に近いほどのキャッシュレス社会であることに衝撃を受けました。逆にカードの便利さを体感して日本に戻った時に、世界で先行している便利なテクノロジーに目が向くようになりました。

丁度そんな時に「プログラマーが足りない」報道の多さが目に止まり、短期間でプログラマーを養成する他校にまず通い始めました。Webプログラミングから始めたんですが、全く自分には向かなかった(笑)。ただ、カリキュラムの中にVRも入っていてそれを学習した時に、VRはアートや映像作品に近く、「webよりも面白い!」と思いました。ただ、その学校ではもともと作品完成まではカリキュラムが組まれておらず修了。作品を完成まで作ってみたい思いがつのり、学校を探していたところ、VRプロフェッショナルアカデミーに出会いました。

 

 

VRでは企画・演出が大切である証

濱端さん:外食産業の女性店長という、パソコンも使わないような仕事に従事していた自分にとってみれば、結果から見れば多くの受賞は「出来過ぎ」です。技術力で見れば同期の他の学生たちの中に、優れた人がたくさんいました。その中で賞が取れたのは驚きでした。

技術はまだまだ分からない事だらけです(笑)もしも、自分独自のチカラが作品に活きたとすれば、それは「演出」だったのだと思います。8期の先輩の作品を見て触発され、UnityVFX Graphを使うことを決めたという経緯もあります。ネット上に先人たちの知見が蓄積されていて、それを参考にすることも出来たのです。自分がひとりで作品を作ったという感じは全くなく、制作時点でできること、使えるUnityのアセットに加え、ダンサーの友人の協力もあってこれらの「縁」をまとめて、仕上げることができました。

 

VRには技術だけじゃなくて、ホスピタリティも必要

濱端さん:VRはまだ一部の人だけのもので、自分の回りにはOculusQuestを持っている人はスクール以外ではひとりもいない状況でした。VR体験のない人に初めて作品を見せるとしたら…と考えた時、「難しくなく、ただ見るだけで、綺麗で、引き込まれるものが一番」と思いました。更には、「踊れる友人の実力も魅力的に表現してあげたかった」。私はわがままなので、基本的に自分が作りたいものをつくりたいのですが、その先には見る人がいるわけなので、「体験する人に感じるものがあって欲しい」という思いがあります。VRには技術だけじゃなくて、ホスピタリティも必要なんでしょうね。

 

   ※濱端さんの修了制作作品『BOT 3TO』~誰もが没入できる鑑賞型コンテンツ

 

|一番良かったことは、作品発表できる場が多かったこと。

VRプロフェッショナルアカデミーで学んで

濱端さん:一番良かったことは、Vアカ・オーディションやVRハッカソンなどの作品発表できる場が多かったこと。それがあってこそ作る動機になりました。

講師も日本のトップ企業で仕事されている方、現役で作品制作されている方たちが審査したりアドバイスをくれたりするので、オンラインで終始する学校にはない良さがありました。だから、熱を持ち続けて学習することができました。

また、「同期生と交流できるスクーリング」という通学スタイルが、自分の性格にとっても、持続には欠かせなかったと実感しています。

逆にぶつかった壁はと言うと、パソコン上では上手く動くけれども、実機(Oculus)にビルドできないという事も多々あり、VFX Graphも比較的新しいものなので、相性が悪いこともありました。技術進歩上の問題なので、学長の力を最大限に巻き込んでもどうしようもないこともありました(笑)。しかしながら、最終的には、発表までの時間との戦いの中ではスッパリあきらめて、可能な材料を集めて評価される作品をつくることができました。

 

 

メタバースで自分の商店を持ってアート作品売りたい!

転職が決まって今後のビジョン

濱端さん:全くの畑違いからVRの世界へ飛び込むので、最初の1年はひたすら勉強かと。その先はいろんなプロジェクトに飛び込んで参加していきたいです。その後はメタバース(ネット上の仮想3次元空間)で自分の商店を持ってアート作品売ったりして、最終的には独立できればいいなと考えています。

 

※右手のオブジェは、Vアカオーディションの優勝者に贈られるトロフィーです!

 

VRを目指す人へ「無理だって思わなくていい!」

VRの魅力は360度のなんでもありの異世界

濱端さん:「プログラミングって何?」くらいのレベルから始めても、自分の作りたいものは作れます。無理だって思わなくていい。助けてくれる人は個々にはたくさんいるし、「アセット」という助けてくれる便利ツールが毎日のように生まれているので、それらを見つけて上手く活用すればいいものは作れますよ。

VRの魅力は360度のなんでもありの異世界ですから。

 

<卒業生プロフィール>

 

※VRアカデミー賞の受賞者に贈られるチャンピオンマスクと一緒に

 

濱端舞(はまばたまい)

大分大学経済学部卒業後、飲食業界に就職。某大手外食チェーン店の女性店長。20219月当アカデミー第8期VRアドバンスコース修了後、10VR開発の先進企業に転職内定。修了制作作品『BOT 3TO』は、誰もが没入できる鑑賞型コンテンツ。

『いい作品ができた!という手応えとともに、VR初体験のパート主婦勢にトライしてもらったところ「子どもにも体験させたい!」「他のも見たい!」「VRフェスにも行ってみたい!」という言葉をもらえたのはつい先日のこと。。うれしい瞬間だった。もっとこの瞬間を増やしたい』と彼女の言葉から。

<インタヴュー後記>

濱端さんの在学中の印象は、授業後も毎回残って、他の受講生と楽しく会話しながらアフタースクールを謳歌していた姿が印象的でした。かたや作品作りに関しては、とにかく最後までやりきる力(grit力)を発揮して、作品をつくりあげていました。スタートの半年は2人での共同制作で最初の受賞。その後、チーム制作のハッカソンで優勝!最後の修了作品は個人制作でVRアカデミー賞を獲得し、1ヶ月後に転職内定という絵に描いたようなストーリー!同期のメンバーと明るく楽しく学びながら、自分自身が今までの人生で秘めていた能力をVRで開花させた!そんなイメージです。是非、皆さんも濱端さんの修了制作作品『BOT 3TO』をアカデミーで体験してください。今後の濱端さんの新しいステージでのチャレンジが楽しみでなりません。🖌デミーでした

 





◇アカデミーからのお知らせ

■〜これから受講を考えている方へ〜 

■VRアカデミーオススメの講座・コース紹介

VRアカデミーではVR・AR開発を学びたい様々な年齢、スキルの方を対象に、目的に合わせたコース選択が可能になっています。ここではその中で現在オススメしているコースを一部紹介します。

★【VRエキスパート】





VRエキスパートコースは、Unityの学習経験のある方やC言語系・Java系等のプログラミング経験者を対象にした5ヵ月間の中級コースです。

VRアプリ開発のためのプロフェッショナルな知識と技術を修得するための実践コースです。

 

★【ARエキスパート】




ARエキスパートコースは、現在体験出来るWebAR・スマホAR・そしてAppleVision Proに向けたそれぞれの特徴と実装方法について学習することが出来ます。

この学習から目的に合わせた適切なデバイス選定が出来て開発が出来るエンジニアを目指します。

 


■オープンキャンパス・個別相談会の紹介

 

VRアカデミーはスキルアップや新規事業の創出。またはVRコンテンツ開発企業に就職・転職を目指す様々な方の目的を支援しています。

生徒には様々なバックグラウンド・年齢層の方もいらっしゃいますので是非一度オープンキャンパスや個別相談会に参加していただくとより詳しい学校説明をご案内しています。

更にオープンキャンパス・相談会参加者には特別割引を実施中!是非お気軽にお申し込みください。

 

 

【土曜日開催】オープンキャンパス




開催日:毎週土曜日

時 間:60〜90分 (11:00〜18:00)

日 付: 毎週土曜日(下記リンクの予約表を確認してください)

場 所:新宿区西新宿1丁目5-11.新宿三葉ビル1F「NEUU」(新宿駅西口から徒歩3分)

※詳しくは申込み時にメールにてご案内させていただきます。

参加申込⇒https://vracademy.jp/opencampus/

専任のキャリアアドバイザーの学校説明と合わせて実際の授業の様子を見学できます。

どんなカリキュラムなのか。卒業生のVR・AR作品を体験したい方は是非お気軽にお申し込みください。

 

 

【平日10:30~21:00】オンライン個別相談会(現地相談も可)

開催日:平日の月〜金曜日開催

時 間:60〜90分 (10:30〜21:00)

参加申込⇒https://vracademy.jp/freesession/

各コースの詳細はもちろん、VRソフトの体験や業界についての質問等、様々な質問に個別で対応します。

入学をご検討中の方は是非お申し込みください。