第10回 Vアカオーディション&VRフェス をREPORT! | VRプロフェッショナルアカデミー/No1.VR/AR専門プロフェッショナルスクール

アカデミーブログ

Top  >   ブログ  >   第10回 Vアカオーディション&VRフェス をREPORT!

第10回 Vアカオーディション&VRフェス をREPORT!

2022/02/26

 

こんにちは!VRアカデミーstaffPierreです。 

さて2.26(ニー・ニー・ロク)といえば???

そう!「事件」なのです。コロナ禍の影響でリアル開催が中止になっていた一般来場客を招いて作品を披露する『VRフェス』が今回、来場者全員をさらに“抗原検査”するという徹底的な感染対策のもと、な・な・なんと2年半ぶりに同日開催されました!!

会場は増上寺や東京タワーがドドーンと間近に迫る浜松町、竹芝エリアの東京都立産業貿易センター浜松町館。この「浜松町館」が入る超高層ビル“東京ポートシティ竹芝といえば”SOFT BANKが本社を置いていることでも知られていますね。そんなピッカピカのカッチョいい会場で作品を披露できるとあって、受講生達みんなは、テンション爆あがりだったのでした!

 

ではまず 「第10回Vアカオーディション」からおさらい。

 

 

Vアカオーディションとは

VRプロフェッショナルアカデミー・(リクルーティング)オーディション』の略。つまり、優秀なVR/ARエンジニアなら喉から手が出るほど欲しい…と虎視眈々と狙う企業の審査員様の前で、6~12ヵ月間VR/ARソフト開発を学んだ成果として受講生が勝負作品を披露するマッチングイベントであり、修了制作作品発表の場でもあります。

 

 

 

 

Vアカオーディションの風景

10Vアカオーディションは、9期・10期のVR/ARコース受講生の個人とチーム総勢45組が20名の企業審査員に作品企画をプレゼン。オンライン受講生もリモートライブでプレゼンに参加します。1作品のプレゼンテーションの持ち時間はたった2分。プレゼンテーション画像による解説に続き、作品の意図や背景、ストーリー、込められた思いなどが語られました。

 

 

 

 

また、制作過程をよく知るVRアカデミー専属講師による、作品制作の背景や見どころについて愛ある補足コメントもあり、審査員は作品への理解度や味わいが、より深まったことでしょう!

 

 

審査員の皆さんには90分間のタフなプレゼン視聴採点のあと、ブレイクタイム

を挟んでVR/AR用の実機を通して体験審査することによる、W採点をしていただきました。

 

受講生たちも最初から最後まで視聴していたわけですが、終わった直後に「もっとずっと見ていたかった!」という声が聞こえ、他の受講生の作品がいかに他の受講生を触発させているのかがわかりますね。

 

次にVRフェスについてざっとおさらいしましょう

 

 

VRフェスとは

VR・フェスティバル』の略。毎年2月と8月に一般来場客向けに開催するVRプロフェッショナルアカデミー主催イベント。VRプロフェッショナルアカデミー受講生の修了制作作品や卒業生作品からXR先進企業のプロの作品まで体験できるイベントです。

また「VRはエンタテインメント以外にも、様々な産業分野への拡がりをもつことを知っていただく機会」というコンセプトのもと、最新のVR/ARソフトも無料で体験できるリアルイベントです。

 

 

VRフェスの風景

なんと第5回開催以来(コロナ禍のため)、一般客を招いて2年半ぶりのリアル開催となったVRフェス。スタッフはもちろんのこと、来場のお客様も全員、10分ぐらいで結果が出る「抗原検査」をエントランスで実施後に入場という感染対策の徹底ぶり。そして、体験ブースはこの広さにしてこの大盛況!!

 

今回VRフェスはVアカオーディションと完全連動。さっき企業審査員に向けてプレゼンテーションしたばかりのホヤホヤ作品を、フロア違いの個人またはチーム専用ブースに移動してお披露目。今度は一般来場客に体験してもらいます。なんたって45作品もあるから見応えたっぷりだね。さらになんと卒業生も出展できるのだ。そしてそして嬉しいやらドキドキするやら、会場を巡って複数の受講生作品を体験したお客さんが投票することで決まる「オーディエンス賞」が設けられているんです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

VRフェスの会場風景の動画はこちらから


 

 

VRフェスの授賞式とプライズ

今回は過去最高レベルかも…という前評判には懐疑的だった審査委員長が「ホントだった」とつぶやき、さらに各賞の得票は複数の優良作品で割れた。「今回は上位が拮抗して審査が難航しまして…」というのはお世辞や常套句ではなく、このような状況を言うのか。結果として、予定変更でいくつかの賞は1作品に対してという設定から、急遽上位2作品に増!!VRプロフェッショナルアカデミー、なんて太っ腹なんだ!!

 

各賞受賞の皆さん

 

 

 

 

 

そして、栄えある第10VRフェス 『審査員特別賞(グランプリ)』はこの方に!!!

ライトが光る変わったデザインのオブジェトロフィーと王者だけが被ることができる毎回異なるデザインで特注される“チャンピオンマスク”が授けられました。今回はレトロなテイストです。早速、女子から「「なんか似合う!」という声が飛んでいました。

 

 

 

 

最後に頑張った皆さんにご褒美ライブ

なんかギター持った人がチラチラ居るなあと思ったら…キターッ!サプライズ!!頑張ってやりきった受講生の皆さんにVRプロフェッショナルアカデミーのしかけでギターマンさんから歌のプレゼントです。

う~、胸が打たれましたあ。所長の粋な心遣いにもやられた。

 

というわけで、頑張った皆さんに拍手!受賞した受講生にCONGRETULATION!!

最後は恒例、パチリ!onlineのみなさんも一緒にね。

見た?がんばった先にあるみんなの笑顔。

これがVRプロフェッショナルアカデミーなのだ!

次は827日開催。

 

SEE YOU NEXT VRフェス!

 

Vアカ・オーディションとVRフェスのダイジェスト動画を最後にご覧ください